ヤマハルータでPPPoEパススルー

皆さん、あけましておめでとうございます。

2019年ですね。

さて、2018年にいつの間にか、ヤマハルータが

PPPoEパススルー機能が可能になっていました。

PPPoEパススルー機能とは、PPPoEの通信を素通しさせる機能です。

PPPoEブリッジ機能と呼ぶ場合もあります。

ヤマハルータで可能になったといっても、

NVR510やRTX1210など比較的新しい機種での話です。

また、ファームウェアのバージョンにも条件があります。

詳しくは、ヤマハのサイトを確認してください。

PPPoEパススルー機能が可能になったことで、上図のように

ヤマハルータ下部から、PPPoE接続が可能となります。

PPPoEパススルー機能がないと、下部からのPPPoE接続ができず、

ONUからスイッチなどで分岐させて、ルータを並列につなげ

などが必要になる場合もあります。

PPPoEパススルーのための具体的な設定は、


pppoe pass-through member lan1 lan2

これで、LAN側からWAN側へのPPPoEが素通しされる。

活用例として、

サービス情報サイト(NGNv4)へのアクセスは、PPPoE接続が

必要だが、この設定をヤマハルータに行えば、

LAN側のパソコンからPPPoE接続を行うことができるようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です