チョコレートパフェ理論

本日は、私が提唱するチョコレートパフェ理論を紹介したい。

私は、子供の頃、チョコレートパフェがとても食べたかった。

この世の中の食べ物で、チョコレートパフェほど魅力のある

食べ物はないのではないかと考えていたかもしれない。

しかし、小さな子供は、自由に使えるお金を持っていない。

チョコレートパフェが食べれるかどうかは、親に食べさせてもらえるかどうかに

かかっていた。

そして、いま、大人になってみると、

私はとても金持ちとは言えないが、チョコレートパフェくらいなら、

別に食べようと思えば、自力で食べることができる。

しかし、いま、チョコレートパフェをそれほど食べたいと思わない。

つまり、私にとってチョコレートパフェが価値があったのは、

子供のころで、その時が食べるべきタイミングだったのだと言える。

大人になってから食べても仕方がないのだ。

そんなわけで、欲しい!手に入れたい!経験してみたい!

と考えたときは、可能な限り思った時に実現するようにしている。

時間が経過すると、そのことは価値がなくなってしまうかもしれないからだ。

私は、2004年にアテネオリンピックを見に行った。

それは、その4年前に開催されたシドニーオリンピックの開会式を

テレビで見ていて、これはすごいな。実際に自分も会場で見てみたい。

と思ったからだ。

思い切って、アテネオリンピックを見に行き、

とても良い思い出になった。

欲しいと思った時が、手に入れる最良のタイミングなのだ。

それでは、また!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です