ヤマハルーター NVR510 IPv6拠点間VPN環境構築 PPTP over IPIP 検証

ヤマハルーターの型番としては、NVR510を利用する想定でのIPv6で拠点間VPN環境を構築する方法をご案内します。


NVR510を利用しているユーザは結構多いと思いますが、残念ながら
NVR510はIPSecでの拠点間VPNに対応していません。そして、PPTP機能は持っているのですが、IPv6でのPPTPは利用はできません。

よって唯一利用可能なIPIPを利用したということですが、
IPIPは通信が暗号化されません。そのため一抹の不安が残ります。

表であらわすと、このようなことになり、
PPTPは暗号化できるがIPv6に対応していない
IPIPはIPv6に対応しているが暗号化できないということになります。

このそれぞれの弱点を、補う解決策が

PPTP over IPIP 
です。

表であらわすと、このようになることが期待できます。

PPTP over IPIPの動作検証をしていこうと思います。
PPTP over IPIPとはイメージとしては以下のようなものとなります。
まずIPv6 のIPIPトンネルでヤマハルーター同士をIPv4で通信できるようにします。

IPv4で通信ができるようになれば、IPv4アドレスを指定してPPTPは利用可能となるので、その状態で PPTPを両ルーターで設定して動作検証します。

このやり方は、ヤマハで公式に推奨している方法というわけではなく、
IP実践道場の解決案でやっていることです。

この情報を参考に、皆さんで実際にやってみるのは、無論かまいませんが、
実環境での設定や運用は、あくまで自己責任でお願いします。

具体的な設定等についてはnoteにまとめています。以下のリンクをクリックしてください。

https://note.com/noblehero0521/n/n2b96d50ec92d

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。