ヤマハルーター IPoE とPPPoE 併用設定 詳細解説 

ヤマハルーターのIPoE とPPPoE 併用設定について。

IPoE IPv6プランとは、従来のPPPoEプランと比較して、
混雑が発生してボトルネックとなる網終端装置を経由しないので、
遅延がおきづらく、PPPoEプランからIPoEプランに変更することで、
ネットが速くなったと言われることが多いインターネット接続の方式です。

IPoEプランは、基本的にはIPv6の通信を使っていますが、
IPv4のサイトが見れないと、インターネットを利用できないのとあまり変わらないので、IPv4 over IPv6という機能を使って、IPv4のインターネットへの通信も可能にしています。

IPoEプランで、固定IPプランでない動的プランの場合、実は、
グローバルIPv4アドレスを、複数の契約者で、共有して使っています。
そのため、動的プランのことをシェアードアドレス契約などと呼ぶ場合もあります。

グローバルIPv4アドレスを、契約者が独占して利用できないことにより、
PPPoEプランの時には出来ていたことが出来なかったりします。
このIPoEプランの弱点に関する動画はコチラ

例えば、リモートアクセスVPNや拠点間VPNをIPv4で設定することが出来ません。

その解決策の1つは、IPoEプランとPPPoEプランを併用することです。


併用することで、高速のネット通信はIPoEの接続を利用し、
外部からのリモートアクセスVPNなどは、PPPoEの接続を利用して使い分けることです。

さらに詳細解説したものをnoteにまとめました。

リンクは、こちら

https://note.com/noblehero0521/n/n1fe57aca52c9

https://note.com/noblehero0521/n/n1fe57aca52c9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。