ヤマハルーター VLAN間のフィルタ設定 片方向のみ通信を許可する

この記事では、ヤマハルーターで構築した下図のようなVLAN(タグVLAN)環境にて、VLAN10からVLAN20への通信は可能とし、VLAN20からVLAN10への通信は不可とするフィルタ設定についてご紹介します。

画像

VLAN10とVLAN20をお互いに通信できない状態を図解したものが下図となります。
RTX830のVLAN10の受信方向に対して、VLAN20への通信をブロック
VLAN20の受信方向に対して、VLAN10への通信をブロックすることで、
VLAN間の通信を遮断することができます。

画像

ヤマハルーターにおいて、VLAN間の通信をさせない設定は、
【LANマップ】タブ【タグVLAN】【VLAN間フィルター】にて
【全遮断】と設定することで実現します。

画像

今回やりたいことは、VLAN10からVLAN20への通信は可能にしたいので、
下図のように、VLAN10に対するVLAN20への通信のブロックをはずせば
良いのかというと、それだけではうまくいきません。

画像

続きはnoteでご確認ください。

https://note.com/noblehero0521/n/n24a79d02002f

動画で見るなら、コチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。