ヤマハルータ DHCPで除外アドレス設定

ヤマハルータのDHCPサーバ機能を使って、

ネットワークにIPアドレスを配布しているケースは結構あると思います。

例えば、ヤマハルータ自体のIPアドレスが192.168.100.1だとして

DHCPで配布するIPアドレスの範囲を

192.168.100.2~192.168.100.100

にするなどできる。

ネットワークプリンタやNASなど、IPアドレスを固定で設定しておいた方が

都合が良いケースがあるが、管理が行き届いていないと

いつの間にかDHCP配布IPアドレスの範囲のIPアドレスが設定されている

場合がある。

その場合、DHCPで配布されパソコンに設定されたIPアドレスが、

ネットワークプリンタと重複してしまう可能性がある。

IPアドレスの重複は、トラブルの原因になりうるので、避けたい。

そんな場合、固定IPアドレスで使っているアドレスを

DHCPの範囲から除外する設定方法がある。

以下、設定例 except以下に除外アドレスを指定する。

dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.10/24 except 192.168.100.5

除外するIPアドレスが複数ある場合は、スペースを空けて並べていく。

以下、設定例

<前方は省略> except 192.168.100.5 192.168.100.8

範囲指定も可能だ。設定例

<前方は省略> except 192.168.100.5-192.168.100.8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です