ヤマハルータからtelnetするには

ヤマハルータにコンソールケーブルをつなげて、パソコンから

操作をする場合、そのヤマハルータから、別のヤマハルータにtelnetをする

手順をご紹介します。

パソコン自体がネットワークにつなげることができて、

パソコンのtelnet機能を有効にしていれば、パソコンからtelnet

すればいいのですが、パソコンはネットワークに接続していない場合

ヤマハルータ自体からtelnetできると便利な時があります。

ヤマハルータにて、デフォルトの設定で、

コマンド telnet を実行しようとすると

# telnet 192.168.1.50
エラー: コマンドが許可されていません

と実行を拒否されてしまします。

telnetできるようにするには、security class コマンドを使います。

とりあえず、securiy class ? を入力すると

# security class ?
入力形式: security class レベル FORGET [TELNET [SSH]]
レベル = 1-3, FORGET = ‘on’ or ‘off’, TELNET = ‘on’ or ‘off’,
SSH = ‘on’ or ‘off’
説明: セキュリティクラスを設定します
デフォルト値: 1 on off off

このような表示が出てきます。

最後にデフォルト値が表示されていますが、

上記の形式と見比べると、

レベルが1

FORGETがon

TELNETがoff

SSHがoff

というデフォルト値になっているということになります。

このtelnet部分をonにすれば、telnetが使えるようになります。

実行例
# security class 1 on on off
# telnet 192.168.1.50

192.168.1.50(192.168.1.50)[IP Direct], Port:23 に接続します。
アボートキーは ‘^]’,0x1d(29) です。

Password:

となり、telnetできるようになりました。

ちなみに、初期値で FORGETが onになっているが、

この値がonになっていることにより、以前の記事で紹介した

パスワードを忘れた場合のコンソールからのログインができる。

それを禁止にしたい場合はoffと設定する必要がある。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です