ヤマハルータでIPv6の設定 実践編①

さて、前回の投稿から数日間が空いてしまった。

危ない。危ない。継続していかなきゃ意味ないからね。

さて、いよいよ。ヤマハルータのIPv6の実際の設定を見ていこうと思う。

今回は、RTX1100を使っていこうと思うが、別の機種でも

ほとんど同じコマンドが使える。

今回の実践例では、ひかり電話ルータ下部に、RTX1100を設置することにする。

前回の投稿で、フレッツ光回線では、ひかり電話契約ありとなしで、

IPv6のプレフィックス情報の配布方式が異なると書いたが、

ひかり電話ルータを経由することで、ひかり電話が、

RAとDHCPv6-PD方式両方でLAN側へIPv6を配布してくれる。

今回は、RAでIPv6プレフィックス情報が流れてくる前提で、

ヤマハルータの設定を行ってみよう。

まず、RTX1100の設定をいったんすべて削除し、LAN側に

IPアドレスを設定。

ip lan1 address 192.168.1.20/24

これで、同一ネットワークのパソコンからtelnet でログインできる。

これだけでは、ヤマハルータにグローバルユニキャストアドレスのIPv6

は割当たらない。ヤマハルータのLAN側に接続してあるパソコンにも

IPv6は割当たらない。

ヤマハルータで以下のコマンドを入力しても

リンクローカルアドレスのIPv6アドレスが表示されるだけだ。

ヤマハルータに以下の設定をすることで、

LAN側に設置したパソコンから、IPv6のサイト

例えば、http://flets-east.jp

にアクセスできるようになる。

ipv6 prefix 1 ra-prefix@lan2::/64
ipv6 lan1 address ra-prefix@lan2::1/64
ipv6 lan1 rtadv send 1 o_flag=on
ipv6 lan1 dhcp service server
ipv6 lan2 dhcp service client ir=on
dns server 2404:1a8:7f01:b::3

その他、例えば IPv6に対応したサイト

http://www.youtube.com

には、IPoE IPv6 によるインターネットの通信が可能な

プロバイダと契約していればアクセス可能となる。

上記のコマンドのra-prefix というところで、

RAのプレフィックス情報を利用するよ。という意味になる。

dns server 2404:1a8:7f01:b::3

で、DNSサーバを指定しているわけだが、

2404:1a8:7f01:b::3

は、フレッツ網にあるDNSサーバのアドレスだ。

実機を使って、試してみると理解が深まると思うので

ぜひチャレンジしてみてほしい。

また、今回は、セキュリティのことは考慮してないので、

IPv6のフィルタの設定などはしていないので、

設定してつなぎっぱなしにしておくと、セキュリティ上

あまり望ましくないと思う。

次回は、ヤマハルータでのIPv6のフィルタについて書こうと思う。

それでは、また!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です