IPv6アドレスの確認方法

自分が今使っているパソコンが、IPv6アドレスが割当たっているのかは、

コマンドプロンプトから、ipconfigと入力することで確認ができる。

【実行例】
****************************************************************************
C:\Users>ipconfigWindows IP 構成

イーサネット アダプター ローカル エリア接続 2:

接続固有の DNS サフィックス . . . :
リンクローカル IPv6 アドレス. . . . : fe80::24cb:5efb:fa4b:9529%13
IPv4 アドレス . . . . . . . . . . : 192.168.20.91
サブネット マスク . . . . . . . . : 255.255.0.0
デフォルト ゲートウェイ . . . . . : 192.168.20.254
****************************************************************************

上記の例のリンクローカルIPv6アドレスは、

ローカルの通信で使えるIPv6アドレスで、自動的に生成される。

fe80で始まるアドレスとなる。

同一のLAN上であれば、このIPv6アドレスを使って通信可能だ。

例えば、ルータのアドレスが fe80::2a0:deff:fe7d:5c72 だとして、

パソコンから、

telnet fe80::2a0:deff:fe7d:5c72

みたいな感じで、接続できる。無論、ルータがヤマハルータのように

telnetで通信可能な必要はある。

ブラウザで設定画面を開くなら、

http://[fe80::2a0:deff:fe7d:5c72]/

とすれば、ログイン名と、パスワードが要求されるだろう。

ただ、このリンクローカルアドレスでは、ルータを超えて通信はできない。

ルータを超えて通信するためには、グローバルユニキャストアドレスが

割当たっている必要がある。

そのIPv6グローバルユニキャストアドレス がどう割当たるかは、

次回以降の記事で紹介していこうと思う。

それでは、また!

 

カテゴリーIPv6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です