カテゴリー: 動画

刑事ドラマでありがちな電話アリバイの嘘

刑事ドラマなどでありがちな電話を使ったアリバイがあります。

それは、例えば午後9時に事件が起こって、 その事件についての容疑者のアリバイが、8時30分ごろに 自宅に知人から電話があって会話をした。
自宅から犯行現場まで、2時間ほど移動時間がかかるので、犯行を実行できない。 というものです。

これは、今、第2弾をやっているあの有名な映画でも使われていたアリバイです。 しかし、この電話に関するアリバイは、あまりに証拠として弱すぎます。

シンプルに安い速い光!月額3,430円(税込3,773円)~!【GMO光アクセス】

忘れたFTPパスワードをパケットキャプチャで解析する

FTPサーバへのログインパスワードがわからなくなってしまいました。

別のパソコンに、FTPクライアントソフトをインストールして 使おうと思っているのに、パスワードがわからないと設定ができません。

仕方がないので、FTPの通信をパケットキャプチャして、 キャプチャデータをWiresharkで解析して パスワードを確認してみることにしました。

YCNE試験 ヤマハネットワーク技術者認定試験対策に最適な動画

先日、ヤマハネットワーク技術者認定試験 Basicを受験し、9割得点して合格しましたが、試験対策として、ぜひ、IP実践道場のYouTubeチャンネルを利用していただければと思います。

ヤマハルーター関連の動画に関しては、再生リスト ヤマハルーターでまとめてあります。

試験によく出るコマンドなどについても、動画中によく登場するので、
参考になるはずです。

おそらくですが、Basicより上位の試験の「YCNE Standard★★」、「YCNE Advanced★★★」の対策になるのではないかと考えています。

動画を参考に実機で実際に設定や操作をすれば、相当なスキルが習得できるはずです。

Ciscoルーター パスワードリカバリー手順

検証用として、以前購入したCisco ルーター 型番892 を 久しぶりに電源を入れてみると、特権EXECモードへ移行するためのパスワードを忘れてしまっていました。

自分が設定する可能性のあるパスワードを、一通り試したのですが、どれも違ったようで、 特権EXECモードへ移行できず設定の確認や設定の変更を行うことができなくなってしましました。

ネットで調べてみるとパスワード以外の設定を保持したまま、新しいパスワードに変更する方法 パスワードリカバリというものがあるということで、その手順で、ログインできるようになりました。

この動画ではパスワードリカバリー手順をご紹介していこうと思います。

YCNE試験対策に最適!ヤマハルーター拠点間VPN IPSecコマンド設定実践編

先日、YCNE試験 ヤマハネットワーク技術者認定試験 Basicを受験して 100点満点中90点で合格したのですが、 試験対策として、やってみて効果があったなと思う学習方法を1つ今回紹介したいと思います。

それは、ヤマハルーターの実機を使って、 主にコマンドでIPSecでの拠点間VPN設定を実際にやってみるということです。

YCNE試験では、コマンドの意味や使用法などを問う問題が結構ありましたので、 コマンド設定に慣れておくことは、試験対策として非常に有効です。

ヤマハサイトに掲載されている「IPsecを使用したVPN拠点間接続(2拠点) : コマンド設定」例を参考に、実際に環境を構築してみます。

YCNE試験(ヤマハネットワーク技術者認定試験)受験結果発表

本日(2021/9/11) YCNE試験 ヤマハネットワーク技術者認定試験 Basicを受験してきましたので、その結果を報告したいと思います。

Basicは初級レベルの試験の位置づけとなります。
問題数は50問 60分 合格ラインは70点以上 
(35問以上の正解が必要ということにないrます。)

この動画では、 私の本日の受験結果、そして試験を受けてみての感想、 具体的に実施した試験対策についてご紹介したいと思います。

ヤマハ タグVLANを使ったゲスト用Wi-Fi環境構築方法

ヤマハルーター,ヤマハスイッチおよび ヤマハ無線アクセスポイントを利用して、ゲスト用の無線ネットワーク 環境を構築する手順をご紹介します。

タグVLAN機能、プライバシーセパレータ―機能、 無線LANアクセスポイントのRADIUS機能なども利用しますので、 いろいろ参考になる部分が多い動画になるかと思います。

ヤマハルーター,スイッチ マルチプルVLAN設定(GUI)

ヤマハネットワーク機器(ルーター、スイッチ)によるマルチプルVLAN設定を GUIで実施する方法をご案内します。

マルチプルVLANとは、 ポートをグループに分けて、グループ間の通信を禁止する機能です。このとき、サーバーやルーターなど全グループと通信を行う必要がある端末が接続されるポートについては、すべてのグループに所属させることで通信を可能にします。マルチプルVLAN機能では、グループが異なっても同じネットワークアドレスを割り当てます。

マルチプルVLANの初期化方法はコチラ