ヤマハルーター WebGUIでIPoEとPPPoEの併用設定

以前にアップした動画で ヤマハルーターで、IPoEプランとPPPoEプランの併用設定をする手順 をご紹介したのですが、

その時は、コマンド設定とWebGUI設定を両方駆使しながら 設定する方法をご紹介しました。

あれから、ヤマハルーターのファームウェアのアップデートも 行われ、WebGUIでもIPoE設定が可能となりました。

現在は、IPoEとPPPoE設定併用もWebGUIだけで実施できるのはなかろうか と思い実際にやってみましたので、その手順をこの動画ではご紹介します。

ヤマハ RTX830 導入手順

RTX830を初期状態からの設定手順をご案内します。

①IPアドレス設定
②インターネット接続設定(PPPoE)
③ネットボランチDNS設定
④リモートアクセスVPN設定
⑤拠点間VPN設定

おおよそ10分もあれば、設定可能です。

Amazon WorkSpacesをリモートアクセスVPN 検証用として活用する

Amazon WorkSpacesの活用方法の1つのアイディアをご紹介します。

ルーターに外部からアクセスできるように リモートアクセスVPN環境を構築するようなこともあるかと思います。

設定後に、外部からのリモートアクセスVPNの接続を試すという場合、 Amazon WorkSpacesが活用できます。

お客様の社内LANに作業用のパソコンをつなげたまま、AmazonWorkSpacesにアクセスし、 そこからリモートアクセスVPNを試すことができます。

バッファロールーターとSoftEtherVPNでリモートアクセスVPN環境を構築

リモートアクセスVPNサーバ機能を持っていないbuffaloルータと リモートアクセスVPN機能を持ったSoftEhterVPNソフトウェアを連携させて、 リモートアクセスVPN環境を構築する手順をご案内します。

バッファロールーターの設定のポイントは、ポート変換の設定をすることです。•UDP 1701
ESP(プロトコル番号 50)
UDP 500
UDP 4500

また、SoftEtherVPNのダイナミックDNS機能は、
IPv4 およびIPv6に対応しているため、その辺で少し注意が必要です。

ヤマハルータートラブルシューティング 実戦編

今回の動画では、ヤマハルーターでのトラブルシューティングの 実例をご紹介してみようと思います。

この動画で扱う事例は、リモートアクセスVPNの接続がうまくいかない というトラブルですが、トラブル自体が別の内容であっても 手順や考え方は参考になると思います。