NTTホームゲートウェイのIPアドレスがわからなくなった時の調べ方

この記事では、NTTホームゲートウェイのIPアドレス(IPv4)
がわからないケースでのスマートな解決方法をご案内します。

画像

今回検証したホームゲートウェイの型番はPR500-MIです。
他の型番のホームゲートウェイであっても大きな違いはありません。

ホームゲートウェイの設定画面を開きたいのに、
お客様先等でホームゲートウェイのIPアドレス(IPv4)が
わからないケースがあったりします。

ホームゲートウェイのDHCPサーバー機能が動作していれば、
自動的にIPアドレスが割り当てられ、ホームゲートウェイのIPアドレス
も分かりますが、DHCPサーバ機能が止められていて、
かつデフォルトのIPアドレス(192.168.1.1)から変更されている場合、
IPアドレスが何かわかりません。

そしてありがちですが、誰がいつ設定したか誰も知らない。
前の担当者がいなくなったなどで、手がかりがないなんてことが結構あります。

以下の方法で、無理やり解決することは可能です。

①外部ボタンを使ってホームゲートウェイを初期化してしまう
 IPアドレスは初期値192.168.1.1に戻す。

②かたっぱしからパソコンのIPアドレスを変えて、
 Pingなどで応答があるか試してみる。

ただ、この2つのやり方には大きな欠点があります。

その欠点とは
方法①既存の設定が消えてしまう
方法②日が暮れてしまう

これらの方法はあまりスマートとは言えません。
っとスマートな方法があります。

それは
・ホームゲートウェイLANポートに接続した パソコンで、
nslookup ntt.setup
と実行することです。

すると、ホームゲートウェイが自身のIPv4 アドレスを教えてくれます。

画像

上記の実行例では、ホームゲートウェイのIPアドレスは、
192.168.111.1でした。

あとは、パソコン側のIPアドレスを確認できたIPアドレスと
通信できるものに変更して、ホームゲートウェイの
管理画面を開くことができるようになります。

実際のデモンストレーションは、この動画で確認していただけます。

このスマートな解決方法が、なぜ可能なのかは、
ホームゲートウェイは、IPv6アドレスを配布しているため
LAN側に接続したパソコンは、IPv6でホームゲートウェイ
と通信が可能となります。

画像


パソコンは、nslookupを実行することで、IPv6の通信を使って
ホームゲートウェイに名前解決をリクエストでき、 ntt.setupとは、
ホームゲートウェイのホスト名なのでホームゲートウェイは自身のIPアドレスを応答してくれます。

画像

ホームゲートウェイ以外でも同じ理屈で、IPアドレスを調べられる可能性があると思います。

そして実は、ホームゲートウェイと下部のパソコンはIPv6で通信できる
ので、http://ntt.setup
を開けば、IPv4 IPアドレスがわからなくともIPv6で通信が行われ設定画面を開くことができます。

実際のデモンストレーションは、この動画で確認していただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。