OCN契約者は、1つの契約で最大〇台のルーターにインターネット接続設定ができる!

この記事では、OCN契約者が使える
3つのインターネット接続方式についてご紹介します。

その3つとは、以下の3つです。

画像

PPPoE(IPv4)は、従来のインターネット接続方式で、
接続のための接続IDと接続パスワードが、書類等で契約者に届き、
その情報をルータ―に設定して利用します。
PPPoE(IPv6)は、PPPoE(IPv4)の接続IDの@以下を
ipv6に書き換えて接続ができます。
IPoEは、接続IDなどはなく、契約回線にて利用可能になります。

画像

3つの接続方式が利用できるので、最大3つのルータ―に別々に設定して利用することが可能です。
PPPoEは、光回線であれば、別の契約者の回線で利用することも可能です。

画像

PPPoE(IPv6)の場合は、接続してもIPv6に対応したサイトしか見れません。
Youtube やGoogleなどは参照可能ですが、その他ほとんどのサイトは見れないということになります。
PPPoE(IPv6)接続を活用するアイディアはコチラ

https://note.com/embed/notes/n5721738091c6

IPoEを利用するためには、IPv4 over IPv6に対応したルータが必要になります。PPPoEと違って、IDとパスワードで接続しているわけではないので、
別の光回線に、ルーターを持っていけば使えるというものではありません。

この記事を動画にしたものは、コチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。