ヤマハルーター IPoEプランではひかり電話契約回線であっても「ひかり電話契約していない」と設定すべき理由

この記事では、ヤマハルーターでIPoEプランを利用する場合、
ひかり電話契約回線であっても、設定項目を「ひかり電話契約している」を選択するべきでないという
お話をしようと思います。

先日も、あるベンダーさんから、IPoEプランにしたが、
IPv4 over IPv6
うまく動作してくれないと相談があり、原因はこの部分でした。

ひかり電話契約ありの回線で、ヤマハルーターを設置する場合の標準的な機器構成は、下図のようにNTTホームゲートウェイが設置されていて、そのLAN側にヤマハルーターが設置されます。

画像

フレッツ光回線からのIPv6配布方式
ひかり電話契約ありの場合、DHCPv6-PD方式
ひかり電話契約なしの場合、RA方式
になります。

画像

ヤマハルーターの設定項目

画像

ひかり電話の契約 の「契約している」「契約していない」
はそれぞれIPv6の配布方式に対応するための設定で、
DHCPv6-PD方式 ⇒「契約している」
RA方式 ⇒「契約していない」 
の組合せで正常に動作します。

ただ実際には、ひかり電話契約ありの場合、ひかり電話を利用するために、
まずはNTTホームゲートウェイやVoIPアダプタが設置され、
その下部にヤマハルーターを設置することになります。

そして、ホームゲートウェイからは、配布されるIPv6情報はRA方式で配布されるためヤマハルーターから見れば、ひかり電話契約なし回線と変わらない状態となり、ひかり電話契約していないを選択することが正解となります。

画像

ひかり電話契約ありなしによる配布されるIPv6情報については以下動画でも解説しています。

もう少し正確な情報をお伝えすると実は、ホームゲートウェイやVoIPアダプタ下部へ、装置はDHCP-PD方式でIPv6プレフィックス情報を配布しているのですが、回線から流れているプレフィックス長と異なるため、正常にIPv4 over IPv6が動作しません。

最後にまとめですが、
ヤマハルーターでIPoEプランの設定をする場合、
ひかり電話契約回線であっても、ONUに直接ヤマハルーターを設置するようなことがない限り、ひかり電話契約をしていないを選択するのが正しい選択
となります。

おそらく間違って設定する人が多かったため、ファームウェアを新しくすると、以前のファームウェアでは、表示されなかった以下の注意喚起のメッセージが表示されるようになっています。

画像

この記事の内容を動画にしたものは、コチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。