ヤマハルーター RTX830 IKEv2リモートアクセスVPN設定手順

ヤマハルーターにて、リモートアクセスVPN(L2TP/IPSec)の設定をして外部からリモートアクセスできるようにした環境で、一部のユーザが接続できない問題が発生しました。

画像

接続できないのは、Android12以上のスマホでの接続で、
OSの仕様により、L2TP/IPSecの接続設定が追加出来なくなってしまったのです。

画像

Android12以降で追加できるVPN設定は、IKEv2というものになりますが、
ヤマハルーター側のリモートアクセスVPN機能は、IKEv2に対応していませんでした。

画像

2022年12月26日に配布されたRTX830の新しいファームウェアによりIKEv2のリモートアクセスVPN設定が可能になりました。

※2022年12月31日現在、ある条件でリブートするという不具合が見つかりファームウェアは公開停止になっています。

今のところ、対応したのはRTX830だけですが、おいおい他の機種でも対応していくのだと思います。

この記事では、この新しいファームウェアを使って、RTX830のIKEv2でのリモートアクセスVPNの具体的な設定手順をご紹介しようと思います。

RTX830には、すでにPPPoEでのインターネット接続設定およびネットボランチDNSの設定がしてある前提での手順となります。


インターネット接続(PPPoE)手順およびネットボランチDNSの設定手順について確認したい方は、コチラの動画をご覧ください。

検証環境のイメージ図です。

画像

運用中のRTX830に、設定を追加する場合、設定変更前に必ず現在の設定をバックアップしてください。

画像

RTX830の設定のバックアップについては以下の動画をご確認ください。

既存で、すでにVPNトンネルの設定をされている場合などは、
今回紹介する方法をそのままやってしまうと、既存のトンネル設定が上書きされてしまうので、ご注意下さい。

今回は、PPPoEのインターネット接続設定とネットボランチDNSの設定だけをした状態で、IKEv2リモートアクセスVPNの設定手順をご紹介します。

この続きはnoteの記事をご覧ください。

https://note.com/noblehero0521/n/n88b873169c79

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。