ヤマハルーター ポートベースVLANとフィルタ設定。実践編

ヤマハルーター ポートベースVLAN機能と フィルタ設定の組み合わせての設定例をご紹介します。
ヤマハルーターは、RTX830を使用します。


ポートベースVLANとフィルター設定を組み合わせて 通信できるネットワークセグメントと 通信できないネットワークセグメントの制御を行っていきます。

検証に使うヤマハルーターはRTX830です。
検証ネットワーク構成は下図のようなものになります。

今回の設定例では、
VLAN1はインターネットへのみ通信可能。
VLAN2は他拠点とのみ通信可能。
他拠点はインターネットおよびVLAN2と通信可能。
とします。通信可能以外の通信は出来ないこととします。
図であらわすと下記のようなイメージになります。

続きは、noteのリンクをクリックしてください。

https://note.com/noblehero0521/n/nc9ad3e566173

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。