IPoEとPPPoEの併用。ネットワークカメラへの外部からのアクセス(静的IPマスカレード機能)

IPoEプランでは、IPv4のグローバルIPアドレスは、複数の契約者で
共有しているので、OCNなどで利用されるMAP-E方式では、利用できるポート番号に制限がある。そのため、PPPoEと併用することで、ポート番号の制限を
気にせず設定可能となる。

上記のようなネットワーク構成例で、具体的な設定を考えていってみよう。

IPoEやPPPoE、そしてネットボランチDNSの設定などについては、
別のブログに書いているので、そちらを参考にしてほしい。
そこまで設定できているとして、外部からのアクセスをネットワークカメラに
転送(ポートフォワーディング)する設定を紹介したい。

ポートフォワーディングの設定とは、いわゆる静的IPマスカレード設定となる。
ポイントとしては、詳細設定のNAT設定より設定を行うが、
IPoEのNAT設定ではなく、PPPoE側のNAT設定を選んで設定する。

静的IPマスカレード設定にて、内側アドレスをネットワークカメラのIPアドレスにし、ポート番号は、カメラにアクセスするときに使用するポート番号を入力する。

通常は、これで準備完了だが、IPoEと併用しているため、
ここでもまた、フィルタ型ルーティングの設定が必要となる。
リモートアクセスVPNや拠点間VPNの時は、
プロトコルによって接続先を変える設定にしたが、
今回は、ホストによって接続先を変えるという設定を行う。

ネットワークカメラのIPアドレスが192.168.10.100として、
以下のような設定となる。

ip filter 500020 pass 192.168.10.100 * tcp * *
ip route default gateway tunnel 1 gateway pp 1 filter 500020


投稿者: noblehero0521

「IPoEとPPPoEの併用。ネットワークカメラへの外部からのアクセス(静的IPマスカレード機能)」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です