IPoEの解約に時間がかかった件

7月 12, 2020 IPoE, IPv6

自宅で利用しているIPoEプランのプロバイダを変更しようと思い、

6月末に解約手続きを行った。

プロバイダはIIJだが、実際には、IIJはIPoEプランの

販売代理店的な役割で、実際のIPoE IPv6での

インターネット接続サービスを提供しているのは

VNEを呼ばれる事業社になる。

IIJで契約すると、VNEは、インターネットマルチフィードになる。

IPv6通信でのIPv4サイトへのアクセスを可能にする技術

「IPv4 over IPv6」の方式は、DS-Liteというものを使っている。

今回、DS-Liteではなく、MAP-E方式のVNEに変更しようと

思いIPoEプランを解約することにした。

なぜ、DS-LiteからMAP-Eに変更しよと思ったかは、

別の記事で紹介しようと思う。

同一の光回線に、複数のIPoEのプランは契約できないので、

新しいIPoEプランを利用したければ、既存のIPoEプランを

まず解約する必要がある。

6月末に解約を申し込むと、7月4日(土)で解約されると

メールで連絡がきた。

なら、7月4日になるとネットが見れなくなるんだなと思っていると、

週が明けた7月6日(月曜日)になっても使えている。

なんなの?と思い、7日に、IIJのサポートセンターに

連絡すると、

「7月4日で解約になっていますから、それ以降の料金は発生しません。

実際に使えなくなるのはいつかはわかりません。」

といけしゃあしゃあと答えられた。

なんじゃそりゃ?

最近多いが、ありとあらゆるサポートセンターで、

とてもプロとは思えない答えをする対応者が増えてきていると思う。

本質的なネットワークの知識などない人間が、

マニュアル渡されて、言われた通り答えているのだろう。

この電話応対者に、何を聞いても期待できない。と思い、

とりあえず、使えなくなるまで、少し待ってみることにした。

そして、ようやく本日7月12日の朝、ネットを利用しようとすると

使えなくなっていた。

最初(6月末)に解約を申し込んでから、2週間くらいかかっているじゃん。

遅っ!

とりあえず、OCNのPPPoEのアカウントを持っているので、

ヤマハルータに、その接続設定を行い、

ネットを利用できるようにし、OCNの会員サイトにて、

IPoEを使えるようにする申し込みを行った。

詳しくは、以下のサイトで確認できる。

https://support.ntt.com/hikari/faq/detail/pid2300000h6p

以下の画面で「こちら」をクリックして手続きを進めた。

一週間ほどで使えるようになるとの記載があった。

http://www.kame.net

で、カメのアニメーションが動き出したら、

IPoE IPv6でのインターネット接続ができるようになった

ことが確認できる。

さて、いつから使えるようになるのだろう?

追って、ブログで紹介したいと思う。

投稿者: noblehero0521

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です