これは便利!テレワークに使えるNTT東日本-IPA「シン・テレワークシステム」

家にあるパソコンのOSが、Windows10 Homeであるため

リモートデスクトップのリモートコントロールされる側になれない。

なにか解決策ないかなと思っていました。

そんな問題を解決できるフリーソフトがありました。

それが、NTT東日本-IPA「シン・テレワークシステム」

https://business.ntt-east.co.jp/service/thintelework-system/

サーバ機能をインストールしたパソコンに、クライアント機能をインストールしたパソコンから簡単にアクセスし操作できるというもので、双方がネットに接続できていれば利用可能です。

インターネット上の中継サーバを介して通信するようで、
通常遠隔でリモートデスクトップを利用しようと思ったら、
まずは、VPNで接続して、その後リモートデスクトップを利用する
必要があります。

そう考えると相当楽です。

今回のコロナ問題で、在宅勤務を余儀なくされた人たちのために
急遽開発されたもののようで、非常に便利です。

使うための基本的な流れとしては、

① 会社のパソコンにシンテレワークのサーバ機能をインストール

② 接続パスワードを設定し、コンピュータIDをメモしておく。

③ 自宅のパソコンにシンテレワークのクライアント機能をインストール

④ クライアントを起動し②でメモしたコンピュータIDを指定して接続

⑤ 要求されるパスワードに②で設定したものを入力

⑥ 会社のパソコンの画面が表示される

といったものになります。

ちなみにTeam Veiwerというソフトでも同じようなことができますが、
表示される接続先の画面がフルサイズになりません。
見やすさが全然違いますね。

私は、2階の自室から、1階の母のパソコンのヘルプデスク機能として
も利用しています。

接続時に、ワンタイムパスワードも利用可能で、

サーバ側で、ワンタイムパスワード設定で、
ワンタイムパスワードを送信するメールアドレスを設定しておけば、
接続時にそのメールアドレスにワンタイムパスワードが通知されます。

こんな仕組みが割と簡単な設定でできるので、非常に便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です