フレッツVPNワイドは1回線に複数のアカウントを割り当てることができる

1月 26, 2020 VPNワイド

意外と知られていないと思いますし、

私自身も思い込みでできないと思っていましたが

フレッツVPNワイドは、フレッツ光回線 1回線に複数のアカウントを

割り当てることができる。

図で表すと下記のような構成が可能です。

例えば、拠点の引っ越しがある場合、

引っ越し元で使っていたユーザIDを引っ越し先の光回線に

既存ユーザIDと併用するような形で2重でのせることができる。

引っ越し先でも、もともと使っていたユーザIDで接続可能なので、

使用していたルータを設定変更なしに接続して使える。

注意が必要な点として、ユーザIDごとにPPPoE接続をするので、

1回線で2つのユーザで接続すれば、2セッション消費することになる。

フレッツ光回線は、基本契約で2セッションのPPPoE接続が可能だが、

もし、3セッション目として、インターネットとの接続もPPPoEで接続が必要

だとすれば、月額300円のセッションプラスという契約が必要になる。

投稿者: noblehero0521

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です