映画マスカレードホテルを見てきた

2月10日土曜日に、木村拓哉、長澤まさみ主演の

映画マスカレードホテルを見てきた。

イオンの株主である私はイオンオーナーズカードを

使いイオンシネマで見たので、1000円で見れる。

映画は、なかなか面白かった。

東野圭吾作品だけあって、ストーリーが練られていて、

見ている人間の裏をかくようなところが随所にみてとれた。

一種間前に、「十二人の死にたい子どもたち」も見たが、

マスカレードホテルの方が、自分的には好きな作品だった。

マスカレードホテルの中で、少し引っかかった

内容があった。

容疑者のアリバイで、事件の起こった時刻に、容疑者の家に電話したら、

電話に出たということがアリバイとして説明されていたが、

NTTのサービスで、ボイスワープというものがあり、

設定しておくと、例えば携帯電話に転送できたりすので、

電話に出たから家にいたことがアリバイとなっていたのが、

少し設定の甘さを感じた。

素人が、まんまと騙されたということならよいが、

警察までも、そんなことを証拠として考えるわけはない。

作品の品質を上げるためには、専門家も交えるなどして

なにかしらよく知っている人がいたら、それは変だよ。

というのを無くしていくのも重要かなと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です