Ciscoルータを使ってVPNワイド疑似環境の作成

さて2週間くらい前の記事で、Ciscoルータを使って

PPPoEサーバを構築したことを書いた。

そこで、今回は、Ciscoルータを使って

フレッツVPNワイドの疑似環境を作ることを記事にしたいと思う。

というのも、VPNワイドは、PPPoEの接続をして拠点間通信を実現する

ものなので、CiscoルータにNTTの網側のPPPoE認証部分の役割をしてもらい

Ciscoルータ下部に、各拠点に設置する想定のルータを接続する。

以前のブログにも書いたが、VPNワイドは初期値で

以下のユーザIDと払い出しIPアドレスが設定されている。

この辺に関しては、右側のカテゴリからVPNワイドを選んで

他の記事を確認してほしい。

user01 192.168.100.1/32

user02 192.168.100.2/32

user03 192.168.100.3/32

(以下省略)

そして、契約時に企業識別子という情報が発行される。

企業識別子が仮に、cvn1234567890

だとすると、ルータに設定するPPPoEの

ユーザIDとパスワードは、user01の場合

接続ID user01@cvn1234567890

接続パスワード user01

となる。

そのことを踏まえて、Ciscoルータでの設定は、以下のようになる。

username user01@cvn1234567890 password 0 user01
username user02@cvn1234567890 password 0 user02

bba-group pppoe pppoe01
virtual-template 1

bba-group pppoe pppoe02
virtual-template 2

interface FastEthernet0
switchport access vlan 1
no ip address

interface FastEthernet1
switchport access vlan 2
no ip address

interface Virtual-Template1
mtu 1454
ip address 10.128.1.2 255.255.255.0
peer default ip address pool pool01
ppp authentication chap

interface Virtual-Template2
mtu 1454
ip address 10.128.1.2 255.255.255.0
peer default ip address pool pool02
ppp authentication chap

interface Vlan1
no ip address
pppoe enable group pppoe01

interface Vlan2
no ip address
pppoe enable group pppoe02

ip local pool pool01 192.168.100.1
ip local pool pool02 192.168.100.2

ネットワーク構成図の右側のヤマハルータの設定例は、

以下のようになる。

ip route default gateway pp 1
ip route 192.168.10.0/24 gateway tunnel 1
ip lan1 address 192.168.20.1/24
pp select 1
pp always-on on
pppoe use lan2
pppoe auto disconnect off
pp auth accept chap
pp auth myname user02@cvn1234567890 user02
ppp lcp mru on 1454
ppp ipcp ipaddress on
ppp ipcp msext on
ppp ccp type none
pp enable 1
tunnel select 1
ipsec tunnel 1
ipsec sa policy 1 1 esp aes-cbc sha-hmac
ipsec ike keepalive log 1 off
ipsec ike keepalive use 1 on
ipsec ike pre-shared-key 1 text yamaha
ipsec ike remote address 1 192.168.100.1
ip tunnel tcp mss limit auto
tunnel enable 1
ipsec use on
ipsec auto refresh on
syslog notice on
dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.20.2-192.168.20.191/24

このCiscoルータでの疑似環境で動作確認して、

想定通り動作するルータを、実際のVPNワイドを契約した

回線に接続すれば、理論上同じように動作するはずだ。

なので、Ciscoルータが手元にあるようなら、

本番環境でぶっつけ本番しなくとも事前に、

対抗拠点へのリモートデスクトップの動作確認などを

疑似環境で行える。

今回は、払い出しIPアドレスが、初期値の端末型払い出しの

設定例を紹介したが、LAN型払い出しの場合の

Ciscoルータの設定例もいつか紹介したいと思う。


PowerPointで使えるヤマハのアイコンが超便利!

最近、ヤマハのサイトでヤマハルータのアイコン(図)を見つけた。

自由に使って良いらしい。リンクは下記

https://network.yamaha.com/support/download/tool

RTX1210やNVR510などのルータのアイコンはもちろん

電話機やスマホなど、

その他さまざまなアイコンがある。

例えば、お茶やATMまであるのだ。

PowerPointで構成図等を作るときなど、結構使えそう!

Cisco PPPoEサーバ動作しました。

2018年11月に書いた記事で、Cisco PPPoEサーバがうまく動作しない。

という内容を投稿しましたが、動作確認できました。

結局、ヤフオクで、別のCisco 892を入手して、

設定を試したところ無事動作しました。

やっぱり、ファームウェアのバージョンの差としか思えない。

動作確認後、同じ設定を、前に設定を試みた

cisco 892に設定したがやっぱり動かない。

今回、PPPoEサーバの動作を確認できたCiscoのIOSのバージョンは、

Version 15.2(4)M5 です。

他の方が設定例をアップしてくれた記事に書いてあったバージョンより

新しいバージョンを選んでヤフオクでは落札しました。

ciscoは保守契約的なことをしないとファームウェアをダウンロードできない

のでやっかいですね。

動いて当然のものが動かないのだから、保守契約関係なくダウンロード

できるようにほしいものです。

そう考えると、ヤマハは良心的です。

昨年、13年前の機種であるRT57iのファームウェアのアップデートも公開してくれました。

ヤマハ最高!

今回、試した構成図は、下記

Ciscoルータ892をPPPoEサーバとして、ヤマハルータ RTX1100 と RT107e

をPPPoEで接続しRTX1100とRT107eをIPsecでVPNトンネルを設定し

図のパソコンAから、RTX1100へ接続(telnet)できることを確認しました。

cisco 892の設定の抜粋

username test1@test.co.jp password 0 test1
username test2@test.co.jp password 0 test2

bba-group pppoe pppoe01
virtual-template 1

bba-group pppoe pppoe02
virtual-template 2

interface FastEthernet0
switchport access vlan 1
no ip address

interface FastEthernet1
switchport access vlan 2
no ip address

interface Virtual-Template1
mtu 1454
ip address 1.1.1.254 255.255.255.0
peer default ip address pool pool01
ppp authentication chap

interface Virtual-Template2
mtu 1454
ip address 2.2.2.254 255.255.255.0
peer default ip address pool pool02
ppp authentication chap

interface Vlan1
no ip address
pppoe enable group pppoe01

interface Vlan2
no ip address
pppoe enable group pppoe02

ip local pool pool01 1.1.1.1
ip local pool pool02 2.2.2.2

ヤマハルータの設定 RTX1100

ip route default gateway pp 1
ip route 192.168.2.0/24 gateway tunnel 1
ip lan1 address 192.168.1.1/24
pp select 1
pp always-on on
pppoe use lan2
pppoe auto disconnect off
pp auth accept chap
pp auth myname test1@test.co.jp test1
ppp lcp mru on 1454
ppp ipcp ipaddress on
ppp ipcp msext on
ppp ccp type none
pp enable 1
tunnel select 1
ipsec tunnel 1
ipsec sa policy 1 1 esp aes-cbc sha-hmac
ipsec ike keepalive log 1 off
ipsec ike keepalive use 1 on
ipsec ike pre-shared-key 1 text yamaha
ipsec ike remote address 1 2.2.2.2
ip tunnel tcp mss limit auto
tunnel enable 1
ipsec use on
ipsec auto refresh on
syslog notice on
dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.1.2-192.168.1.191/24

ヤマハルータの設定 RT107e

ip route default gateway pp 1
ip route 192.168.1.0/24 gateway tunnel 1
ip lan1 address 192.168.2.1/24
pp select 1
pp always-on on
pppoe use lan2
pppoe auto disconnect off
pp auth accept chap
pp auth myname test2@test.co.jp test2
ppp lcp mru on 1454
ppp ipcp ipaddress on
ppp ipcp msext on
ppp ccp type none
pp enable 1
tunnel select 1
ipsec tunnel 1
ipsec sa policy 1 1 esp aes-cbc sha-hmac
ipsec ike keepalive log 1 off
ipsec ike keepalive use 1 on
ipsec ike pre-shared-key 1 text yamaha
ipsec ike remote address 1 1.1.1.1
ip tunnel tcp mss limit auto
tunnel enable 1
ipsec use on
ipsec auto refresh on
syslog notice on
dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.2.2-192.168.2.191/24

これで、フレッツVPNワイドの疑似環境も作れそうです。

株は買ったら忘れてしまえ!

「米国株」高配当投資という本を参考に、

2019年は米国株に投資を始めようと思っている。

そこで、数年ぶりに、楽天証券のネット口座にログインしてみた。

すっかり忘れていたのだけど、リソー教育(4714)を

2007年11月に1株買っていた。

とりあえずの取引実績を作るために、株価が安かったので

適当に買った株だったが、株式分割などがあったらしく

30株となっていて、評価額が3倍くらいになっていた。

株は買ったら忘れてしまえ!という格言的なものがあったかと思うが

まさに、このことか!という感じだった。

今まで、買った株が3倍になったことなどないので驚いた。

まあ、1株しか買っていなかったから、額的には大した儲けではない。

ヤマハルータでPPPoEパススルー

皆さん、あけましておめでとうございます。

2019年ですね。

さて、2018年にいつの間にか、ヤマハルータが

PPPoEパススルー機能が可能になっていました。

PPPoEパススルー機能とは、PPPoEの通信を素通しさせる機能です。

PPPoEブリッジ機能と呼ぶ場合もあります。

ヤマハルータで可能になったといっても、

NVR510やRTX1210など比較的新しい機種での話です。

また、ファームウェアのバージョンにも条件があります。

詳しくは、ヤマハのサイトを確認してください。

PPPoEパススルー機能が可能になったことで、上図のように

ヤマハルータ下部から、PPPoE接続が可能となります。

PPPoEパススルー機能がないと、下部からのPPPoE接続ができず、

ONUからスイッチなどで分岐させて、ルータを並列につなげ

などが必要になる場合もあります。

PPPoEパススルーのための具体的な設定は、


pppoe pass-through member lan1 lan2

これで、LAN側からWAN側へのPPPoEが素通しされる。

活用例として、

サービス情報サイト(NGNv4)へのアクセスは、PPPoE接続が

必要だが、この設定をヤマハルータに行えば、

LAN側のパソコンからPPPoE接続を行うことができるようになる。