東西間接続をするならVPNワイドよりVPNプライオが安くなる?!

NTT東日本とNTT西日本は、別会社のため

NTT東日本のフレッツVPNとNTT西日本のフレッツVPNを

接続したい場合、オプションの東西接続サービスを契約する必要がある。

東がVPNワイド、西もVPNワイドの場合、そのオプションの金額は

30,000円/月だ。東日本、西日本でそれぞれにこの金額がかかる。

※この金額はプランによって異なる。詳しくは下記を参照
https://business.ntt-east.co.jp/service/vpnwide/s_fee_ew.html

東がVPNプライオ、西がVPNワイドの場合、

東日本では、月に3,000円/1VPN拠点がかかる。

VPNワイドの場合の3万円に比べて、拠点数が多くなければ、

トータルコストが安くなる場合もある。

例えば、東日本のVPN拠点が3拠点の場合

VPNワイドの場合
1,800円×3拠点+30,000円=35,400円

VPNプライオの場合
7,000円×3拠点+3,000×3拠点=30,000円

となり、VPNプライオの方がコストが安い。

しかも、VPNプライオは、ルータのレンタル料金もこみの金額なので、

VPNワイドの場合、上記の金額にプラスルータのコストを

足さなければならない。

通信速度も、PPPoEを利用しないVPNプライオの方が

だいぶ速いので、その点も優位性がある。

そんなわけで、全国的に拠点があって、フレッツVPNの利用する場合、

ぜひ、VPNプライオにすることを検討してみてほしい。

ちなみに、西日本では、VPNプライオというサービスはなく、

東日本のVPNプライオと西日本のVPNワイドを接続することになる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です