トラブル事例 VPN経由でWeb参照ができない。

少し前にブログで紹介したトラブル事例と似ているが、

VPN経由で、ネット参照ができないというトラブルの事例を紹介したい。

構成イメージは以下のようなる。

拠点側のPC01が、本社側を経由してインターネットへのアクセス

正確には、Web参照ができない。という現象が起こった。

そのPC01を、本社側に持っていき、LANに接続すると

Web参照できる。

PC01の拠点側でのネットワーク設定は、

デフォルトゲートウェイは、192.168.20.254

DNSサーバは、192.168.20.254 としてあった。

拠点のVPN用ルータ(NVR500)であるルータBには、

DNSサーバのアドレスとして、本社側のインターネット用ルータ(NVR510)

のIPアドレスである192.168.10.253が設定されていた。

そのため、PC01がWeb参照をしようとすると、DNSへの問い合わせは、

まず、192.168.10.254(ルータB)へいき、そのルータBを経由して

192.168.10.253へいく。

そこで、問題が生じていた。DNSの問い合わせをうけたNVR510には、

dns host lan1

という設定がされている。

これは、lan1に所属しているアドレスからしかDNSの問い合わせを

受け付けないという意味になる。

lan1とは今回の例でいうと、本社側のネットワークである

192.168.10.0/24のネットワークのことである。

拠点側は、192.168.20.0/24のネットワークのため

DNSの問い合わせが拒否され結果、名前解決ができず、

PC01はWeb参照ができなかった。ということになる。

この dns host lan1は、プロバイダへの接続設定であるPPPoEの

設定を行うと自動的に追加される。

NR510やRTX1210など、比較的最近の型番のヤマハルータで設定すると

気づかないうちに設定されている。

NVR500では、PPPoEの設定をしても、自動的に追加はされない。

今回の現象の対処方法としては、

dns host lan1を

dns host anyとすれば、拠点側のPC01からWeb参照ができるようになる。

anyの部分をIPアドレスの範囲の指定もできるようなので、

制限をしたい場合は、そのような設定をするのもありだろう。

今回の紹介したトラブル事例のように、各装置のそれぞれの設定は、

特に間違っているわけではないのだけど、全体としてうまく動作しない

ということがありうるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です