サービス情報サイト(NGN IPv6)へのアクセスについて

VPNワイドのカスタマコントロールにアクセスするために、

サービス情報サイトへアクセスする必要があることは

以前の記事に書いたが、

サービス情報サイトのIPv6のサイトである

https://flets-east.jp

へのアクセスに苦戦することがたまにある。

IPv6のサイトなので、回線からIPv6のアドレス情報を取得

できていることが前提となる。

Windowsであれば、コマンドプロンプトより、

ipconfigと入力し、IPv6のアドレスが取得できているかを

確認することができる。

ちなみに、fe80::からはじまるIPv6アドレスは、

リンクローカルアドレスと言って、OSが自動的に

割り当てたローカルでしか使えないアドレスなので、

これは、回線からIPv6のアドレスが割り振られていること

にはならない。

IPv6のアドレスが割当たっているのに、

flets-east.jpにアクセスできないとなると、

名前解決の問題と思われる。

名前解決ができれば良いので、操作している端末が

インターネットにアクセスできる

環境であれば、とりあえず名前解決に関しては問題ない。

インターネットにアクセスできる環境でない場合で、

名前解決がうまくいかないようなら、

DNSサーバへの通信がうまくいっていないのだろう。

その場合は、手動で

NGN網内のDNS サーバー のアドレスである

2404:1A8:7F01:A::3  もしくは  2404:1A8:7F01:B::3

をWindowsのTCP/IPv6の設定に追加してあげれば

良い。

これで、flets-east.jpの名前解決ができるようになるはずだ。

上記のDNSサーバのアドレスで、名前解決ができることは

以下のコマンドでも確認できる。

nslookup flets-east.jp 2404:1A8:7F01:A::3

nslookup  ホスト名 DNSサーバアドレス

で、DNSサーバを指定して名前解決ができるかを

確認できる。

One Reply to “サービス情報サイト(NGN IPv6)へのアクセスについて”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です