フレッツVPNワイドの後継サービス フレッツVPNプライオとは?

NTTが提供している閉域網のVPNサービス VPNワイドには、

後継のサービスであるVPNプライオというサービスがある。

VPNワイドは、PPPoEで接続しているが、

VPNプライオは、IPv6によるIPoEにより拠点間通信を可能にしている。

PPPoEを使っていなので、PPPoE接続装置の混雑による

遅延が発生しないので高速での通信が可能だ。

サービス提供当初は、光回線の種類が、

ギガライン、プライオ1、プライオ10というもので

なければならなかったが、現在は、光ネクスト ハイスピードタイプ

などでもVPNプライオの利用が可能だ。

上記に書いたように接続方式自体が違うので、

光回線の種類をギガに変えなくとも、ある程度の高速化は

期待できると思う。

回線をプライオ1、プライオ10にすると、

帯域優先という機能が利用可能となる。

この通信だけは遅延してもらっては困るというものを優先させて

通信させることが可能になる。

ちなみに、帯域優先させられる通信は、あくまで拠点間

通信だけなので、インターネットへの通信を優先する

ことは出来ない。

月額利用料金は、VPNワイドが1800円に対して、

7000円となるので、結構高くなる。

VPN装置であるCPEが、月額料金に含まれてレンタルされる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です