NTT東日本 フレッツVPNワイド導入のポイント⑤ userからはじまるアカウントは作成出来ない。

VPNワイドの接続アカウントで使われるユーザIDを、新規作成する場合、

userから始まるユーザIDは新規作成できない。例えば、

userAとか、user100とかが新規作成できないということだ。

これは仕様なので、どうにもならない。

フレッツVPNワイドの前身のサービスで、グループアクセスという

サービスがあったのだが、グループアクセスからフレッツVPNワイドに

移行した契約者で、この仕様が発覚することが多い。

なぜなら、グループアクセスからの移行の際に、

実際に使われている(契約回線に割当たっている)ユーザID以外が

削除されてしまうからだ。

そのため、VPNワイドの接続拠点を増やす必要が起こった時に、

ユーザIDの新規作成が必要となる。その時、

例えば、現状3拠点で、user01,user02,user03というユーザIDを

使っていたら、4拠点目は、user04にしたいのが人情というもの。

ところが、カスタマコントロールで、user04を作ろうとすると

エラーになってしまう。

仕方がないので、例えば04userとかにするしかない。

まあ、ユーザIDは、VPNワイドに接続するルータに設定する

接続IDの情報に過ぎないのだから、別に気にすることないと

思う。

インターネット接続するために、プロバイダと契約すると、

接続情報が届くが、その接続IDと同じようなものだ。

メールアドレスなら、人に教えたり、名刺に書いたりするかも

しれないが、接続IDは、ルータを設定する設定値にすぎない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です