ヤマハルータでの時刻合わせ

今回は、ヤマハルータの時刻を正確に合わせるためのコマンドを

紹介しようと思う。ntpdateというコマンドだ。続けて、NTPサーバの

アドレスを入力して使用する。

以下実行例。

# ntpdate ntp.nict.jp
2018/07/30 23:55:30 -84second

実行結果から、標準時間から84秒ずれていたことがわかる。

ちなみに、ntp.nict.jp は
日本標準時グループが提供しているNTPサーバのアドレスだ。

NTPサーバとは時刻同期の元となる時刻を提供してくれる

サーバのことをさす。

装置の時間を標準の時間に合わせておくことは重要だ。

なにかしらのトラブルが起こった時に、複数の装置等の

ログを調べるときに、各装置で時間がずれていると、

突き合わせて調べるのが相当面倒になる。

コマンドで入力する例をご紹介したが、

いちいち打ち込まなくても、定期的に時刻合わせ出来た方が、

便利だ。

その手順は、Web管理画面よりできる。

トップ画面より[詳細設定と情報]を選択し、[本体の設定(日付・時刻、ブザー )]
を選択。

問い合わせ先NTPサーバに、NTPサーバのアドレスを入力する。
NTPサーバによる自動調整の項目で、調整するタイミングを入力。
この例では、毎週日曜日の23時55分とした。
[設定の確定]ボタンを押し、設定内容を保存します。

設定内容を show config にて確認すると、

schedule at 1 */Sun 23:55 * ntpdate ntp.nict.jp

が追加されていることが確認できる。

scheduleコマンドを使うと、コマンドを計画的に実行できるということだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です