スマホをひかり電話ルータの端末として利用する方法。

以前のブログの投稿で、古いヤマハルータをひかり電話ルータの端末として

設定し、そのヤマハルータのアナログポートに電話機をつけて

使う方法を紹介した。

今回は、スマホをひかり電話ルータの端末として利用する方法を

ご紹介したいと思う。

スマートホンは、Wi-Fiで接続して、ひかり電話ルータと

直接通信ができる状態にしておくことを前提とします。

スマートホンには、AGEPhoneをインストールします。

インストール後、AGEphoneを起動し、設定を行います。

起動後、画面右下の[設定]⇒[簡易設定]にタッチします。

ドメインに、ひかり電話ルータのIPアドレスを入力。

ユーザIDは、内線番号を入力します。

認証IDとパスワードは、ひかり電話ルータ側の設定に

合わせてください。ひかり電話ルータ側の設定については、

こちら

設定後、端末からひかり電話ルータへの登録(認証)がうまくいけば、

「ダイヤルできます」と表示され、緑の〇表示がされます。

これで、ひかり電話ルータの端末同士で、内線もでき、

ひかり電話として外線も可能となります。

スマホがひかり電話の端末として使えることで、

単体電話機が設置されていない部屋でも外線通話が可能になります。

もっと言えば、そのスマホをもって外出した場合でも、

外部から、家のネットワークに接続する方法があれば、

外出先でもひかり電話が使えます。

もう少し具体的に言うと、スマートホンはVPNの機能を持っているので、

家にあるルータにリモートアクセスサーバ機能を持たせておけば、

外部からスマホで接続できるようになり、接続してしまえば、

家にいるのと同じことなので、スマホからひかり電話が使用可能となります。

その辺の具体的な設定例については、また、別の投稿にて

ご案内したいと思います。

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です