古いヤマハルータの活用法 内線利用 ② RT58iの電話設定

さて、昨日の投稿の続き。

実際にヤマハルータ RT58iを使って、ひかり電話ルータの

内線として利用する設定を見ていこう。

ひかり電話ルータのLANポートに、RT58iをLANポートを接続します。

このとき、RT58iのWANポートでもいいのだけど、

その場合、ひかり電話ルータ側に、RT58iのLAN側アドレスの経路情報の

追加が必要となる。

RT58iのWeb設定画面へログインし

[電話の設定]をクリック

 

[VoIPの設定]をクリック

[IP電話サーバの設定]をクリック

[IP電話サーバの新規登録]で[追加]をクリック

[手動設定]を選択

[その他のIP電話サーバ]を選択

以下の入力項目に適切な値を入力

以下、私のRT58iの設定している内容である。

この例では、192.168.111.1がひかり電話ルータのIPアドレスになる。

6@192.168.111.1の6が内線番号となり、ひかり電話ルータに接続された

電話機から6番で内線が鳴る。

また、RT58iに接続された電話機から、ひかり電話としての外線も

発信着信が可能だ。

そして、ユーザIDとパスワードは、ひかり電話ルータ側の設定に

合わせて入力を行う。

ひかり電話ルータ側も設定が必要なのだが、

その設定例については、次の投稿でご紹介しよう。

それでは、また!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です