IPv6オプション その2

さて、以前の記事で、NTTのIPv6オプションについて書いたが、

今回も、IPv6オプションについて、もう少し書きたいと思う。

IPv6オプションの契約があると、契約者間で、

IPv6を使った通信が可能となり、ルータの設定により

拠点間通信が可能とすることができたりするのだが、

拠点間通信をしない場合でも、

インターネットプロバイダーの IPoE (IPv6)でのインターネット接続サービスを利用するときには、このIPv6オプションが必要となる。

ここ数年、フレッツ光を開通したのであれば、デフォルトで、

IPv6オプションは契約されているが、Bフレッツ時代から光回線を

使っているなどの方の中には、フレッツ光を契約しているが、

IPv6オプションが付加されていないケースはあるかと思う。

ちなみに、IPv6オプションの契約、廃止は、

サービス情報サイトというところから、契約者自身がオンラインで

行うことが可能です。

サービス情報サイトは、過去にはフレッツスクエアなどと呼ばれていたらしい。

自分で、サービス情報サイトにログインして、契約、廃止すれば、

工事料金はかからない。

NTTに電話などで、依頼すると工事料金として2000円かかる。

サービス情報サイトへのログイン方法については、

以下のサイトから確認できる。

https://flets.com/square/con_index.html

それでは、また!

 

 

カテゴリーIPv6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です