IPv6オプション

 

NTTのフレッツ光に加入すると、IPv6オプションという契約がデフォルトでついてくる。

IPv6オプションの契約により追加で料金がかかるわけではないが、

これって、なんの役に立つのだろうか?

NTTのサイトでは、
https://flets.com/v6option/

提供機能として、
IPv6アドレスによる端末間のダイレクト通信機能

と、説明されている。

もう少し具体的に言うと、IPv6オプション契約者同士で、

IPv6で通信ができるようになるということだ。

例えば、契約者Aが設置しているルータAと

契約者Bが設置しているルータBが、IPv6を使って

お互いに通信可能ということとなる。

ルータAとルータB間で、VPN設定(IPSec等)を
すれば拠点間通信が可能となる。

通常VPNで拠点間通信するのに、インターネットに接続した
ルータ間でVPN設定をするためプロバイダと契約が必要なのだが
IPv6オプションを利用すれば、プロバイダ契約が必要ないのだ。

しかも、IPv6オプションでのルータ間の通信には、
インターネット接続のためのPPPoE接続が介在しないので、
昨日のブログで書いたような
PPPoE接続に関係するボトルネックも避けられる。

この辺の具体的なヤマハルータでの設定なども、今後
このブログで紹介していく予定だ

それでは、また!

カテゴリーIPv6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です