カテゴリー: VoIP

本日の動画 古いヤマハルーターをひかり電話ルーターのIP端末として活用 

動画では、古いVoIP機能ありのヤマハルーターをひかり電話ルーターのIP端末として活用する方法を ご案内します。

古いVoIP機能ありのヤマハルーターとは、RT57i、RT58i、NVR500などです。

ヤマハルーターの下部に電話機を接続できるので、 結果、ひかり電話として使える電話機を増やすことが可能です。

また、電話機同士の内線通話などもでき、非常に便利です。

古いヤマハルータの活用法 内線利用 ③ ひかり電話ルータの設定

昨日の投稿では、VoIP機能を持つヤマハルータをひかり電話ルータの下部

に接続し、そのヤマハルータのアナログポートに接続した電話機を

ひかり電話の端末として使うためのヤマハルータ(RT58i)側

の設定例を紹介した。

ひかり電話ルータと連携して使うためひかり電話ルータ側にも

設定が必要となる。実際は、ひかり電話ルータ側の設定値に合わせて

ヤマハルータ側を設定することになるのだが。

ひかり電話ルータにログインし、

左手のメニューより[電話設定]ー[内線設定]をクリック。

設定したい内線番号に[利用有無]にチェックが入っていることを確認し

[編集]ボタンをクリック。

ユーザIDとパスワードを確認します。

必要に応じて、編集しても良いと思います。

画面下部の[電話番号設定]にて、相手に通知したい電話番号と着信番号に

チェックを入れます。着信に関しては複数の着信番号にチェックが可能です。

以下、ヤマハルータ側の設定画面となるが、上図のひかり電話ルータ側の

ユーザIDとパスワードを下図のユーザIDとパスワードを一致させる必要がある。

設定をし連携がうまくいくと[内線番号一覧]にて該当内線番号の登録状態が

[登録済み]となる。

これで、2Fの自分の部屋でも置き型の電話機が使えるようになり、

1Fからの家族からの内線も受けれるようになった。

今度の投稿では、スマートフォンのひかり電話ルータでの内線利用について

書こうと思う。

それでは、また!

導入手順を動画にしました。

古いヤマハルータの活用法 内線利用 ② RT58iの電話設定

さて、昨日の投稿の続き。

実際にヤマハルータ RT58iを使って、ひかり電話ルータの

内線として利用する設定を見ていこう。

ひかり電話ルータのLANポートに、RT58iをLANポートを接続します。

このとき、RT58iのWANポートでもいいのだけど、

その場合、ひかり電話ルータ側に、RT58iのLAN側アドレスの経路情報の

追加が必要となる。

RT58iのWeb設定画面へログインし

[電話の設定]をクリック

 

[VoIPの設定]をクリック

[IP電話サーバの設定]をクリック

[IP電話サーバの新規登録]で[追加]をクリック

[手動設定]を選択

[その他のIP電話サーバ]を選択

以下の入力項目に適切な値を入力

以下、私のRT58iの設定している内容である。

この例では、192.168.111.1がひかり電話ルータのIPアドレスになる。

6@192.168.111.1の6が内線番号となり、ひかり電話ルータに接続された

電話機から6番で内線が鳴る。

また、RT58iに接続された電話機から、ひかり電話としての外線も

発信着信が可能だ。

そして、ユーザIDとパスワードは、ひかり電話ルータ側の設定に

合わせて入力を行う。

ひかり電話ルータ側も設定が必要なのだが、

その設定例については、次の投稿でご紹介しよう。

それでは、また!

手順を動画にしました。上記設定だけだと少し足りませんので、
動画にて確認してください。

古いヤマハルータの活用法 内線利用 ①

一世代前、いや二世代前くらいのヤマハルータ

例えば、RT58i や RT57i などだが、

VoIPアダプタ機能がついているので、

装置のアナログポートに電話機を差し込んで、

電話を利用することができる。無論設定は必要だ。

ちなみにうちでは、1Fのひかり電話ルータからLAN配線

されている2Fの私の部屋にRT58iを設置し、

ひかり電話ルータのIP Phone端末として

登録し、ひかり電話ルータのアナログポートに接続されている

電話機と内線ができるようにしている。

RT58iを活用することで、LAN配線がされているところで

電話まで使えるようなる。

具体的な設定については、次回の記事でご案内しようと思う。

それでは、また!

導入手順を動画にしました。