独学 プログラマー

さて、2018年もあとわずかになってしまいました。

毎年、1年早いな~と思いますが、今年は本当にとんでもなく

早かった。

今年は、3か月くらいしかなかったのではと思う。

2018年こそ、プログラムの基礎を身に着けようと思ったが、

すでに、残り一週間。

この目標は、来年度に持ち越されるわけだが、

初めの一歩だけでも進めておかなければと思い。

「独学プログラマー」という本を購入し、

この本にそって勉強することにした。

使う言語は、Python。

なので、さっそく、AWSのworkspaceに

https://www.python.org/

から、Pythonをダウンロードし、ダウンロードしたファイルを

ダブルクリックしインストールを試みると、

「このインストールはシステムポリシーで許可されていません。」

と表示され、インストールできない。

なんでじゃー?と戸惑ったが、なんのことはない。

ファイルを右クリックし、管理者として実行としたら、

無事インストールできた。

とりあえず、Hello World!と表示させてみた。

これで準備できたので、2019年こそプログラムの基礎を身につけるぞ!


無料お試し期間におけるAWSの請求の確認

AWSの無料利用枠というものがある。

すべてのサービスというわけではないが、

1年間の期間で、EC2などはお試しで利用できる。

WorkSpacesは、2か月の無料利用期間がある

WorkSpacesのデスクトップからのインターネット通信も

10GB/月までは無料のようだ。

WorkSpacesは2か月無料で使えるから、いろいろ使ってみようと

思ってい使っていると、請求金額が0ドルから変化していた。

よくよく確認してみると、月に最大40時間までが無料だった。

油断して使っているうちに、40時間を超えてしまったということだ。

請求される金額の確認は、AWSのコンソールより、

アカウント部分をプルダウンし、[請求ダッシュボード]を選択する。

すると、詳しい請求内容が表示される。

何にいくら請求されているかがわかる。

この画面例だと、WorkSpacesのみ課金されていることがわかる。

今までの請求額と、予想請求額まで表示される。

こまめに、請求ダッシュボードを見ることにすれば、

いつの間にか、大金を請求されているということはなさそうだ。

 

AWS WorkSpaces キーボードの設定

WorkSpacesを使って、このブログの記事を書いているときに、

キーボードの入力で不都合が起こっていることに気づいた。

例えば、半角/全角ボタンを押しても、アルファベット入力、日本語入力が

切り替えられないとか、@を入力しようとしているのに、

該当しているキーを押しても、その通り入力してくれないなどだ。

これは、面倒だぞ~と思っていたが、なんのことはない

キーボードの設定を適切に行ったら、改善された。

普段、当たり前のようにやっているけど、入力モードの切り替えって

結構頻繁にやっていることに気づかされた。

さて、具体的な設定変更だが、Windowsの設定より、

以下の手順で、キーボードを日本語キーボードに設定する。

これで、いつも通り入力が可能となりました。

 

AWS WorkSpacesのインターネットのスピードがえげつない!

本日も、WorkSpacesネタだが、

8年くらい前に買ったデルのノートパソコンのWindows7から、

WorkSpacesクライアントで接続し、WorkSpaces上で、

USENのインターネットの速度計測サイトにて測定したら、

以下のような結果が出た。

速っ!

ちなみに、デルPCのWindows 7 自身で測定すると、以下のようになった。

私の自宅では、IPv6のDS-Liteでインターネット接続しているため

比較的速度が出るほうだが、それでこの差はすごすぎる!

キーボードを操作している物理的なパソコン自体は変わらないのに、

この劇的な変化は驚くばかりだ。

ますますWorkSpacesを使い続けたくなっている。