カテゴリー: バッファロールーター

バッファロールーター 設定の保存と復元方法

Buffaloルーターの設定の保存と 設定の復元方法をご紹介します。
設定の保存とは、現在の設定のバックアップのことです。

バックアップをしておけば、 何か新しい設定を試したりしているうちに なぜかうまくいかなくなったとしても、 バックアップファイルを戻すことで、 バックアップした時点に戻すことができます。

また、万が一ルーターが壊れた場合、 同じ型番であれば、バックアップファイルを 壊れていない同一のルーターに復元することで 元のルーターの状態に戻すことができます。

バッファロールーターとSoftEtherVPNでリモートアクセスVPN環境を構築

リモートアクセスVPNサーバ機能を持っていないbuffaloルータと リモートアクセスVPN機能を持ったSoftEhterVPNソフトウェアを連携させて、 リモートアクセスVPN環境を構築する手順をご案内します。

バッファロールーターの設定のポイントは、ポート変換の設定をすることです。•UDP 1701
ESP(プロトコル番号 50)
UDP 500
UDP 4500

また、SoftEtherVPNのダイナミックDNS機能は、
IPv4 およびIPv6に対応しているため、その辺で少し注意が必要です。

バッファロールーターをスマホから設定する StationRader

Buffaloルーターをスマホアプリ StationRaderを使って設定する方法をご紹介をします。

スマホからアクセスできることで、簡単に設定情報が確認できたり 簡単な設定変更であれば、手軽に行えます。

ファームウェアのアップデートもStationRaderより行えますし、 ゲストポートの有効無効の切り替えも行えます。

バッファロールーター プライバシーセパレータ―機能利用時の留意事項

バッファロールータープライバシーセパレータ―機能利用時の留意点について 説明します。

Wi-Fi接続した端末同士の通信をさせない目的でプライバシーセパレータ―機能を設定するのであれば、それだけでは片手落ちです。

もう1つ同時に設定すべき機能があります。