カテゴリー: テレワーク

テレワークで使えるリモートアクセスVPN ひかり電話ルータ

新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務をしている人も

増えていると思う。

私自身も、4月後半から、週2くらい在宅勤務をしている。

家のパソコンからでも、会社の仮想PCにアクセスできる仕組みが

提供されているため、会社にいるときと同じパソコン操作が可能

なため資料作成などは、ほぼほぼ会社と同レベルで可能である。

私自身が会社に接続している仕組みではないが、

会社のネットワークにインターネット経由で接続し

社内LAN上にあるように自宅パソコンが使えるようになる

技術にリモートアクセスVPNがある。

ルータにリモートアクセスVPNサーバ機能があれば、

その機能を有効にすることで、外部からVPN接続することが

できる。ひかり電話ルータをインターネット接続に利用しているなら、

ひかり電話ルータにもリモートアクセスVPN機能があるので、それを

利用してもよいかもしれない。

以前の記事で、「ひかり電話を外から利用する方法 ひかり電話ルータ VPNサーバ設定編」というものを書いたが、

ひかり電話ルータ

のVPNサーバの設定は上記の記事の通りに設定するば

可能である。

上記の記事では、スマホでひかり電話を利用する内容になっているので、

在宅で、会社と同じようにパソコンも電話も使えることとなり

テレワークには特に都合よい。

具体的な設定手順を動画にしたので、参考にしてほしい。

トラブル事例 ヤマハルーター L2TP/IPSec リモートアクセスVPN接続が失敗する

今回は、トラブル事例の紹介をします。

NVR500でL2TP/IPSecでリモートアクセスVPNの設定を行い

外部からインターネット経由でリモートアクセスをしても失敗してしまうという

現象です。端末はWindows10を使用していて、エラーメッセージは下記のように出力されます。

「セキュリティ層でリモートコンピューターと互換性のあるパラメーターをネゴシエートできなったため、L2TP接続に失敗しました。」

原因は、NVR500のVPN接続設定での認証アルゴリズム、暗号アルゴリズム

でした。デフォルト値のまま設定していたのですが、その変更をすることで解決出来ました。

初期値は

ですが、以下のように変更すると、無事接続が成功しました。

このトラブル事例についての動画も作成していますので、そちらも
ご案内します。

本日の動画 ヤマハルーターリモートアクセスVPNサーバー機能の設定手順(NVR500編)

本日の動画では、ヤマハルーター NVR500でのリモートアクセスVPNサーバ機能の設定手順をご紹介します。

リモートアクセスするWindows 10の設定もご案内しています。

会社事務所に設置したヤマハルーターにこの設定を行えば、

在宅時のテレワークなどにも利用できます。

動画編集、結構大変だった。。。

チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

これは便利!テレワークに使えるNTT東日本-IPA「シン・テレワークシステム」

家にあるパソコンのOSが、Windows10 Homeであるため

リモートデスクトップのリモートコントロールされる側になれない。

なにか解決策ないかなと思っていました。

そんな問題を解決できるフリーソフトがありました。

それが、NTT東日本-IPA「シン・テレワークシステム」

https://business.ntt-east.co.jp/service/thintelework-system/

サーバ機能をインストールしたパソコンに、クライアント機能をインストールしたパソコンから簡単にアクセスし操作できるというもので、双方がネットに接続できていれば利用可能です。

インターネット上の中継サーバを介して通信するようで、
通常遠隔でリモートデスクトップを利用しようと思ったら、
まずは、VPNで接続して、その後リモートデスクトップを利用する
必要があります。

そう考えると相当楽です。

今回のコロナ問題で、在宅勤務を余儀なくされた人たちのために
急遽開発されたもののようで、非常に便利です。

使うための基本的な流れとしては、

① 会社のパソコンにシンテレワークのサーバ機能をインストール

② 接続パスワードを設定し、コンピュータIDをメモしておく。

③ 自宅のパソコンにシンテレワークのクライアント機能をインストール

④ クライアントを起動し②でメモしたコンピュータIDを指定して接続

⑤ 要求されるパスワードに②で設定したものを入力

⑥ 会社のパソコンの画面が表示される

といったものになります。

ちなみにTeam Veiwerというソフトでも同じようなことができますが、
表示される接続先の画面がフルサイズになりません。
見やすさが全然違いますね。

私は、2階の自室から、1階の母のパソコンのヘルプデスク機能として
も利用しています。

接続時に、ワンタイムパスワードも利用可能で、

サーバ側で、ワンタイムパスワード設定で、
ワンタイムパスワードを送信するメールアドレスを設定しておけば、
接続時にそのメールアドレスにワンタイムパスワードが通知されます。

こんな仕組みが割と簡単な設定でできるので、非常に便利です。

導入手順の動画作成しました。