月: 2021年10月

コワーキングスペースを利用してみた

本日、試しにコワーキングスペースを利用してみた。

場所は、新潟市中央区女池 ケーズデンキ2階

https://www.vertex-group.co.jp/coworking/

2時間 550円で利用できる。

パソコンを持ち込んで、Wi-Fiに接続してネット利用が可能だ。

セルフサービスだが、お茶などももらえる。

私はよく自習のために、喫茶店に行ったりするのだけど、

2時間500円程度なら、喫茶店に行くのとほぼコストは変わらず

パソコンも利用しやすい。個別ブース的なものがあり、

個室まではいかないが、壁とドアがあり、周りからは見えないところで

パソコンが使えるので、安心して作業ができる。

今回は利用していないが、dTVが無料で見れるらしい。

若干、自宅から離れているが、自習するためには、ここは最適かもしれない。

この場所での作業効率をさらに追及するとすると、持ち運びできるモニターを

準備して、デュアルディスプレイでパソコン作業ができるともっと良いかなと思う。

1Fはケーズデンキだから、帰りに眺めていこうかな?!

週に2度ほど自宅でテレワークしているのだけど、テレワークの場所として

ここが利用できるか検討してみたけど、さすがに、電話対応が困るかな。

基本的に共有スペースなので、電話していると他の人の迷惑になってしまう。

個別ブースと言っても、密閉されているわけでなく、上部はつながっているので、お客さんとの電話内容が筒抜けになってしまう。

主に喫茶店で学習している人は、一度こちらも試してみると良いかもですね!

Wi-Fiルーター(バッファロールーター)トラブル事例 いつのまにか〇〇!

今回の動画で、ご紹介するトラブルは、

実際に、一週間前くらいに遭遇したトラブルになりますが、

お客様のネット環境を改善させるために、プロバイダを

PPPoEプランからIPoEプランに切り替えました。

インターネット接続用に使っていた既存wi-fiルーター

IPoE非対応だったためIPoE対応Wi-Fiルーターに置き換えました。

置き換え後、動作確認し、特に問題がなかったため

これで利用してください。ということだったのですが、

数日後、切り替えてから、ネットが見れないパソコンが

出てきたり不安定になったとお客さんから連絡がありました。

ヤマハルーター WebGUIでIPoEとPPPoEの併用設定

以前にアップした動画で ヤマハルーターで、IPoEプランとPPPoEプランの併用設定をする手順 をご紹介したのですが、

その時は、コマンド設定とWebGUI設定を両方駆使しながら 設定する方法をご紹介しました。

あれから、ヤマハルーターのファームウェアのアップデートも 行われ、WebGUIでもIPoE設定が可能となりました。

現在は、IPoEとPPPoE設定併用もWebGUIだけで実施できるのはなかろうか と思い実際にやってみましたので、その手順をこの動画ではご紹介します。

SSHポートフォワーディング機能

SSHポートフォワーディングとは、 22番ポートに届いたパケットを別のポートに転送する機能のことで、 この機能を利用すれば、SSHサーバあてに届いたデータを、例えば別のサーバの80番ポートに 転送することが可能ということになります。

なんとなく理屈はわかったのですが、具体的にどうするのかいまいちピンと来なかったので、 実際に環境を作って検証してみました。

ssh -L 10000:192.168.1.1:80 ユーザ名@192.168.1.15

ビジネスフォン主装置 OKI IP Office LⅡ下部のIPoE対応ルーター設置

先日、OKI製 ビジネスフォン主装置 IP Office LⅡの下部に、IPoE対応ルーターを設置した。

IP Office LⅡには、ひかり電話直収ユニット IPHO-02が組み込まれていて、
フレッツ光回線のONUから直接LAN配線されていた。

デフォルトのままでは、下部にIPoE対応ルーターを設置しても、
インターネット接続することはできなかった。

ビジネスフォン主装置の設定を変更する必要があり以下の設定にした。

ルーター機能[D1206]:ON
IPv6プレフィックス配布[D1334] :RA方式:有効
ProxyDNS設定[D1326] :
①ProxyDNS機能:ON ②インタフェース番号:指定なし

以下が参考にした資料
https://support.saxa.co.jp/chirashi/PLATIA_2/PLATIA_2-058.pdf

設定変更後、IPoE対応ルーターにて、IPv4 over IPv6でインターネット接続が可能となった。