月別: 2020年7月

OCN IPoE導入

7月12日(日)に、OCNの会員サイトよりIPoEプランの申し込みを行ったが、

7月23日(木)になっても、一向にカメが動かない。

カメとは、以下のサイトのことだ。

http://www.kame.net/

IPv6で上記サイトへアクセスすると、

カメの絵がアニメーションとして動作する。

つまりIPoE IPv6でインターネットへ通信できることを意味する。

申し込み時、おおよそ一週間ほどかかります。と表示されたと記憶しているが、

すでに10日経過しようとしている。遅すぎると思って、

OCNの会員サイトへログインし、契約状況を確認してみた。

あれ? IPoE 「提供中」 って、なってる?!

もしやと思い、ルータ RTX830を再起動してみた。

すると、カメのアニメーションが動き始めた。

すでに、使える状態だったのかい!

ルータの再起動って必要だったんだっけ?と思いつつも

実際、RTX830の再起動で利用可能となったので、必要だったのだろう。

RTX830に、OCN用のIPv4 over IPv6の設定を施し、

IPoEプランでのIPv4サイトへのアクセスも可能となった。

RTX830への設定は以下のヤマハサイトを参考にした。

http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/docs/ocn_map_e/index.html

ちなみに、OCNには、v6アルファという契約もあるが、

それに契約しないと、IPv4 over IPv6が使えないわけでない。

IPoE導入時、ビジネスフォン下部のルータ設置は要注意

先日、いわゆる直収タイプのビジネスフォン主装置の下部に、

IPoE対応ルータを設置したところIPv4の通信がうまくいかないという

ことが起こった。

直収とは、光回線のONUから、直接LAN配線して

ビジネスフォンに接続することを言う。

下図のような接続になる。

ビジネスフォンは、具体的には、NTTのαNX Type Mで、

ルータユニットとしては、NXSM-4BRU<1>というものになる。

4BRU下部には、IPv6アドレスは配布され、IPv6のWebサイトへは

アクセスでき、

ビジネスフォンの下部に設置したIPv4 over IPv6対応ルータでは、

ルータの設定画面上は、IPv4 over IPv6がうまく設定できたように

表示される。しかしながら、ルータからも、ルータの下部に接続した

パソコンからも、IPv4のインターネットへの通信はできない。

つまりビジネスフォンのルータユニットは、

IPoE IPv6の通信はできるが、IPv4 over IPv6の通信はうまく処理してない。

ということになる。

IPv6の通信を使って実現するIPv4 over IPv6は、IPv6の通信ができれば、

当然使えると思い込んでいたのだけど、一概にそうとは言い切れない

ようだ。

ちなみに、ルータユニットがNXSM-4BRU<1>ではなく

NXSM-4BRU<2>であれば、IPv4 over IPv6の通信はうまくいく。

このビジネスフォンに限らず、直収タイプのビジネスフォンの下部に

IPoEルータを設置する場合は、注意した方が良いだろう。

特に古いタイプのビジネスフォンは、特に要注意だと思う。

IPoEの解約に時間がかかった件

自宅で利用しているIPoEプランのプロバイダを変更しようと思い、

6月末に解約手続きを行った。

プロバイダはIIJだが、実際には、IIJはIPoEプランの

販売代理店的な役割で、実際のIPoE IPv6での

インターネット接続サービスを提供しているのは

VNEを呼ばれる事業社になる。

IIJで契約すると、VNEは、インターネットマルチフィードになる。

IPv6通信でのIPv4サイトへのアクセスを可能にする技術

「IPv4 over IPv6」の方式は、DS-Liteというものを使っている。

今回、DS-Liteではなく、MAP-E方式のVNEに変更しようと

思いIPoEプランを解約することにした。

なぜ、DS-LiteからMAP-Eに変更しよと思ったかは、

別の記事で紹介しようと思う。

同一の光回線に、複数のIPoEのプランは契約できないので、

新しいIPoEプランを利用したければ、既存のIPoEプランを

まず解約する必要がある。

6月末に解約を申し込むと、7月4日(土)で解約されると

メールで連絡がきた。

なら、7月4日になるとネットが見れなくなるんだなと思っていると、

週が明けた7月6日(月曜日)になっても使えている。

なんなの?と思い、7日に、IIJのサポートセンターに

連絡すると、

「7月4日で解約になっていますから、それ以降の料金は発生しません。

実際に使えなくなるのはいつかはわかりません。」

といけしゃあしゃあと答えられた。

なんじゃそりゃ?

最近多いが、ありとあらゆるサポートセンターで、

とてもプロとは思えない答えをする対応者が増えてきていると思う。

本質的なネットワークの知識などない人間が、

マニュアル渡されて、言われた通り答えているのだろう。

この電話応対者に、何を聞いても期待できない。と思い、

とりあえず、使えなくなるまで、少し待ってみることにした。

そして、ようやく本日7月12日の朝、ネットを利用しようとすると

使えなくなっていた。

最初(6月末)に解約を申し込んでから、2週間くらいかかっているじゃん。

遅っ!

とりあえず、OCNのPPPoEのアカウントを持っているので、

ヤマハルータに、その接続設定を行い、

ネットを利用できるようにし、OCNの会員サイトにて、

IPoEを使えるようにする申し込みを行った。

詳しくは、以下のサイトで確認できる。

https://support.ntt.com/hikari/faq/detail/pid2300000h6p

以下の画面で「こちら」をクリックして手続きを進めた。

一週間ほどで使えるようになるとの記載があった。

http://www.kame.net

で、カメのアニメーションが動き出したら、

IPoE IPv6でのインターネット接続ができるようになった

ことが確認できる。

さて、いつから使えるようになるのだろう?

追って、ブログで紹介したいと思う。