イオン 優待 オーナーズカードの本領発揮!

私は、イオンの株主に、2年位前からなっているのだけど、

イオンの株主になるとオーナーズカードなるものをもらえる。

そのオーナーズカードの特典の一つは、イオン店内の

ラウンジなるスペースを利用できる。

そこに行くと、お菓子や飲み物がもらえて、

座って、その飲み物を飲んだりすることができる。

会社の近くに、イオンがありラウンジがある店舗なので、よく利用している。

喫茶店に入って、コーヒーを頼めば300円、400円かかると

思えば相当ありがたい。

ただし、ラウンジは、イオン全店舗にあるわけではない。

限られた店舗のみあるので、事前にチェックが必要だ。

ちなみに新潟県は、3店舗しかない。3店舗しかないのに、

会社の近くにあるのは相当ラッキーだ。

この前、他県に行ったときに、イオンに行ったのだが、

そのイオンは、イベント会場(ドーム)の最寄りだったため

イベントに参加する人たちでごった返していた。

フードコートは、人であふれかえり、席が足りていなかった。

そんななか、そのイオンには、ラウンジがあり、

オーナーズカードを使って、ラウンジ内に入り、

余裕で席の確保をし、コーヒーも無料でもらうことができ、

とても優越感を感じた。

しかも、このオーナーズカードは、イオンで買い物をした時に、

提示すると、あとからキャッシュバックがもらえる。

保有株数に応じて、パーセントが違うのだが、

100株なら3%だ。

例えば、20万円買い物したら、6000円キャッシュバックされる。

日常的に必要なものをイオンで購入するようにすれば、

その恩恵にあずかれる。

現在イオンの株価は、おおよそ2400円くらい。

100株を取得するのにい、24万円かかることになる。

銀行に、その24万円をあずけておいても、利子はほぼゼロに等しいが、

イオンの株に投資し、必要なものをイオンで購入するようにすれば、

キャッシュバックがもらえる。

イオンが利用できる人なら、相当お得のではないかなと思う。

また、イオンシネマも1000円で見ることができ、飲み物ももらえる。

お得が満載のイオン オーナーズカード、入手しておいて

損はないかもしれません。

ちなみに、オーナーズカードを入手するために、株を購入しておかなければ

ならない最終売買日は、2月25日(月)です。

無論、投資は自己責任でお願いしますね。


日経新聞 「日本の光通信速度、23位に転落」について

2月16日(土)の日経新聞の記事に、

「日本の光通信速度、23位に転落」という記事が掲載された。

記事には、ボトルネックは、NTT東西の接続装置だ。とある。

この接続装置とは、いわゆるPPPoE接続のための装置だ。

この部分の設備増強は、ネット接続事業者(プロバイダ)の申請により

NTTが利用状況をみて行われる。

つまりプロバイダが自由に設備を増強できないので、

回りくどいことになっていると言える。

最近はやりのIPoE IPv6接続によるインターネット接続は、

ボトルネックとなっている接続装置を経由せずに、

インターネットにアクセスできるので、

結果、遅延が起こりづらい。

IPoE接続の場合のインターネット接続部分の設備は、

VNE事業者といわれる企業が、自身の判断で増強できる。

ほとんどプロバイダで、IPoE IPv6の接続サービスを

提供可能となってきているが、多くの場合、

VNE事業者の2次提供をしている。

例えばIIJであれば、VNEとしてインターネットマルチフィード株式会社

を利用している。

幸楽苑 チョコレートラーメン食べてみた

最近、幸楽苑で、チョコレートラーメンなるものを食べてみた。

特に、ラーメンがチョコの味に悪影響を受けている感じはなかったが、

チョコを入れることで美味しくなっているかといえば、

そんな風には思えなかった。

また食べたいなと思わなかった。

普通に他のラーメン頼んだ方が良いかな。

映画マスカレードホテルを見てきた

2月10日土曜日に、木村拓哉、長澤まさみ主演の

映画マスカレードホテルを見てきた。

イオンの株主である私はイオンオーナーズカードを

使いイオンシネマで見たので、1000円で見れる。

映画は、なかなか面白かった。

東野圭吾作品だけあって、ストーリーが練られていて、

見ている人間の裏をかくようなところが随所にみてとれた。

一種間前に、「十二人の死にたい子どもたち」も見たが、

マスカレードホテルの方が、自分的には好きな作品だった。

マスカレードホテルの中で、少し引っかかった

内容があった。

容疑者のアリバイで、事件の起こった時刻に、容疑者の家に電話したら、

電話に出たということがアリバイとして説明されていたが、

NTTのサービスで、ボイスワープというものがあり、

設定しておくと、例えば携帯電話に転送できたりすので、

電話に出たから家にいたことがアリバイとなっていたのが、

少し設定の甘さを感じた。

素人が、まんまと騙されたということならよいが、

警察までも、そんなことを証拠として考えるわけはない。

作品の品質を上げるためには、専門家も交えるなどして

なにかしらよく知っている人がいたら、それは変だよ。

というのを無くしていくのも重要かなと思った。