ヤマハルータでの時刻合わせ

今回は、ヤマハルータの時刻を正確に合わせるためのコマンドを

紹介しようと思う。ntpdateというコマンドだ。続けて、NTPサーバの

アドレスを入力して使用する。

以下実行例。

# ntpdate ntp.nict.jp
2018/07/30 23:55:30 -84second

実行結果から、標準時間から84秒ずれていたことがわかる。

ちなみに、ntp.nict.jp は
日本標準時グループが提供しているNTPサーバのアドレスだ。

NTPサーバとは時刻同期の元となる時刻を提供してくれる

サーバのことをさす。

装置の時間を標準の時間に合わせておくことは重要だ。

なにかしらのトラブルが起こった時に、複数の装置等の

ログを調べるときに、各装置で時間がずれていると、

突き合わせて調べるのが相当面倒になる。

コマンドで入力する例をご紹介したが、

いちいち打ち込まなくても、定期的に時刻合わせ出来た方が、

便利だ。

その手順は、Web管理画面よりできる。

トップ画面より[詳細設定と情報]を選択し、[本体の設定(日付・時刻、ブザー )]
を選択。

問い合わせ先NTPサーバに、NTPサーバのアドレスを入力する。
NTPサーバによる自動調整の項目で、調整するタイミングを入力。
この例では、毎週日曜日の23時55分とした。
[設定の確定]ボタンを押し、設定内容を保存します。

設定内容を show config にて確認すると、

schedule at 1 */Sun 23:55 * ntpdate ntp.nict.jp

が追加されていることが確認できる。

scheduleコマンドを使うと、コマンドを計画的に実行できるということだ。

ヤマハの株主優待品が来た。葛城ゴルフクラブ カレー

本日は、ヤマハ関連の投稿になるが、いつものように

ヤマハルータの事ではない。ヤマハの株主優待品が家に届いたので

紹介しようと思う。

届いたのは、葛城ゴルフクラブの

「ビーフカレー」、「チキンカレー」、「にんじん ドレッシング」

の3点だ。

株主優待品は、もらうと妙にうれしい。

食べるのが楽しみ!

10時間ダイエット 1週間後

さて、10時間ダイエットを始めて、一週間程度経過した。

その間、1日だけ、会社の飲み会的なものがあったため、

10時間の制限を守れなかったが、その他の日は、10時間の

中で、食事をおさまるようにした。

結果、今朝の体重は、76.9kg

21日は、78.3kgだったので、1.4kgほど体重が落ちたことになる。

このまま、継続してやっていくので、また経過報告をしたいと思う。

 

ヤマハルータ Web管理画面からのコマンド入力

ヤマハルータでコマンドを入力するには、

基本的には、コンソールでつなげてターミナルから入力するか、

telnetで接続しての入力になるが、

Web管理画面からコマンド実行も可能です。

すべてのコマンドが使用できるわけでなく、

対話式で入力が必要なコマンドや、pingなどは使えないが、

telnetが使えないパソコンやコンソールでつなぐのが難しい場合は

役に立つケースもあるだろう。

手順は、こちら

ヤマハルータのWeb管理画面にログイン

[詳細設定と情報]をクリック

[レポートの作成・コマンド実行・初期化]の項目より[コマンドの実行]を選択

コマンドを打ち込むための空欄のある画面が表示されます。

そこに、実行したいコマンドを入力し、[設定の確定]をクリック。

画面の例は、show status pp 1

すると、コマンドに対する実行結果が表示されます。

 

コンセントを使ったLAN配線。PLCアダプタの活用

さて、PLCアダプタなるものがあることをご存じだろうか?

PLCアダプタとは、屋内の電気配線を使ってLANをつなげるためのもので、

LANケーブルにつなげてコンセントに挿して使う。

例えば、私の自宅では、1Fにヤマハルータでインターネットに

つなげているが、主に私は2Fの自分の部屋でパソコンを使う。

一応、無線ルータを1Fに設置すれば、電波は届くものの

少し電波が弱くて、心もとない。

そんなわけで、1Fのルータの設置してある部屋と2Fの私の部屋のコンセントに

PLCアダプタを挿し、1Fと2FのLANでつないでいる。

PLCアダプタは、無線では電波が弱く、かといって、改めてLAN配線するのも

難しいというときに、屋内の電気配線をLAN配線代わりに使えるようにする

というすぐれものだ。

私は、パナソニックのPLCアダプタを使っている。

無線より安定して使えていると思っているので、

同じような問題を感じている人は試してみても良いかもしれない。

 

10時間ダイエット

昨日7月21日より10時間ダイエットを始めることにした。

本当は、健康番組などで紹介されているのは、8時間ダイエットなんだが、

少し難易度を下げるため10時間とした。

そもそも8時間ダイエットとは何かというと、

一日24時間のうち食事をする時間を8時間のみにして、

残り16時間はなにも食べないというダイエットだ。

16時間、食事をしないことで、消化の負担を下げ、

代謝を促すことによりダイエット効果を期待するものだ。

例えば、朝7時に朝食をとったとすると、午後15時までに

一日の食事を終わらせるということだ。

特に食事の内容の制限はない、食べたいものは食べても良い。

というのがこのダイエット法の特徴だ。

私はだいたい7時に食事をし、12時から昼食をとる。

それで、15時までに夕食をとる。というのはあまりに

厳しいので、2時間を伸ばして10時間ダイエットとすることにした。

体重管理をするためスマホで、ダイエット用のアプリを検索し、

インストールすることにした。

その時、あるアプリをインストールしようとした時に、

スマホの情報にアクセスする許可を要求してきた。

ダイエットのため体重を記録していきたいだけなのに

なんで、電話番号情報にアクセスする必要があるんだ?

と疑問に思い、そのアプリのインストールは

やめておいた。

代わりに

「朝はかるだけダイエット」というアプリをインストールした。

こちらは、インストール時に、何も要求してきませんでした。

体重をはかるタイミングは、朝食後に統一しようと思っています。

昨日21日は、78.3Kg 本日22日は77.7Kgだった。

継続していこうと思うので、また、報告します!

ひかり電話を外から利用する方法 ひかり電話ルータ スマホ設定編

前回の投稿で、ひかり電話を外から利用するために

ひかり電話ルータのVPNサーバ機能の設定をご紹介した。

今回は、スマホ側のVPN接続設定の手順をご紹介します。

私のスマホは、Androidなので、その例になるが、

おそらくiPhoneも大きく違わないのではないかと思う。

まず、設定を開き、無線とネットワークの中のVPNを選択。

[もっと見る]をタップしないと、表示されないかもしれない。

 

VPNをタップした後、+(プラス)をタップ

[VPNプロファイルの編集]が表示されるので、必要な情報を入力します。

前回の投稿のひかり電話ルータ側のVPN設定と

合わせるように設定します。

[名前]はなんでも良いですが、今回の例では、

homeとします。

[タイプ]は[L2TP/IPSec PSK]を選択。

[サーバーアドレス]は、ひかり電話ルータ側で確認した

WAN側IPアドレスを入力。

[IPSec事前共有鍵]は、ひかり電話ルータ側で確認した

事前共有鍵を入力。

[ユーザー名]と[パスワード]も、ひかり電話ルータ側の

VPN設定でエントリーした値を入力します。

VPNのプロファイル作成後、作成したプロファイルをタップします。

[接続]をタップ

 

 

接続が成功すると、[接続されました]と表示されます。

VPN接続後、AGEphoneを起動し、[設定]をタップ後、[再読み込み]をタップ

[再接続]をタップします。

ひかり電話ルータへの接続が成功すると、

[ダイヤルできます]と表示され、ひかり電話が利用可能となります。

AGEPhoneの設定については、過去の投稿で紹介していますので、

そちらをご参照ください。

 

 

 

ひかり電話を外から利用する方法 ひかり電話ルータ VPNサーバ設定編

さて、前回の投稿で、スマホをひかり電話ルータの端末として利用する方法を

ご紹介したが、スマホを外に持ち出した時も、家にVPNで接続し、

ひかり電話ルータにアクセスできれば、外からでもスマホで

ひかり電話を使えることになる。

理屈で言えば、たとえ海外であったとしても、

スマホがインターネットに接続できれば、自宅のひかり電話経由で電話を

かけれることになる。

今回は、ひかり電話ルータにVPNサーバ設定を行い、

スマホからVPNで接続して、ひかり電話を利用するまで

をご紹介しよう。

ひかり電話ルータ自体に、ISPの接続設定がしてあり、

インターネットに接続されているという前提になります。

【ひかり電話ルータの設定】

まず、ひかり電話ルータにログインし

左手のメニューより[詳細設定]-[VPNサーバ設定]を選択

[VPNサーバ接続の起動]の[有効]にチェックを入れます。

そして、[事前共有鍵]の[表示]ボタンを押し、文字列を控えておきます。

この文字列は、VPNクライアント側の設定で必要となります。

VPNアカウント機能のエントリ番号1の[編集]ボタンを押します。

そして、ユーザ名とパスワードの設定を行います。

ここで設定した情報で、VPNクライアント側から接続することになります。

それぞれ設定値を入力したら、[設定]ボタンを押します。

そして、ひかり電話ルータがインターネットプロバイダから取得した

グローバルIPアドレスを確認します。

左手のメニューから[情報]ー[現在の状態]

[機器状態情報]のWAN側IPアドレスを確認しておきます。

ちなみに、固定IPのプランを契約していなければ、

ルータの再起動などで、切断ー再接続で、このIPアドレスは変更されます。

次に、スマホ側のVPN接続設定になるわけだが、

具体的な設定手順に関しては、次回の投稿にて紹介しようと思う。

スマホをひかり電話ルータの端末として利用する方法。

以前のブログの投稿で、古いヤマハルータをひかり電話ルータの端末として

設定し、そのヤマハルータのアナログポートに電話機をつけて

使う方法を紹介した。

今回は、スマホをひかり電話ルータの端末として利用する方法を

ご紹介したいと思う。

スマートホンは、Wi-Fiで接続して、ひかり電話ルータと

直接通信ができる状態にしておくことを前提とします。

スマートホンには、AGEPhoneをインストールします。

インストール後、AGEphoneを起動し、設定を行います。

起動後、画面右下の[設定]⇒[簡易設定]にタッチします。

ドメインに、ひかり電話ルータのIPアドレスを入力。

ユーザIDは、内線番号を入力します。

認証IDとパスワードは、ひかり電話ルータ側の設定に

合わせてください。ひかり電話ルータ側の設定については、

こちら

設定後、端末からひかり電話ルータへの登録(認証)がうまくいけば、

「ダイヤルできます」と表示され、緑の〇表示がされます。

これで、ひかり電話ルータの端末同士で、内線もでき、

ひかり電話として外線も可能となります。

スマホがひかり電話の端末として使えることで、

単体電話機が設置されていない部屋でも外線通話が可能になります。

もっと言えば、そのスマホをもって外出した場合でも、

外部から、家のネットワークに接続する方法があれば、

外出先でもひかり電話が使えます。

もう少し具体的に言うと、スマートホンはVPNの機能を持っているので、

家にあるルータにリモートアクセスサーバ機能を持たせておけば、

外部からスマホで接続できるようになり、接続してしまえば、

家にいるのと同じことなので、スマホからひかり電話が使用可能となります。

その辺の具体的な設定例については、また、別の投稿にて

ご案内したいと思います。

それでは、また!