IPoEプランと認証

従来のPPPoEプランの場合、契約すると

プロバイダより、接続アカウントと接続パスワードの書いた書類が届く

その情報をルータに設定することで、PPPoE接続ができるようになり

インターネットへの参照が可能となる。

基本的に、このPPPoE 接続アカウントと接続パスワードは、

光回線に紐づいていないので、設定したルータを他の場所に

持って行って、他の光回線に接続してもそこで使えるようになる。

IPoEプランの場合は、接続アカウントなどの情報はなく、

契約光回線と紐づいたものになり、契約した回線に

IPv6インターネットに接続できるIPv6情報が流れてくるという仕組みなっている。

契約時に回線ID(CAFなどから始まる番号)を指定して申し込むことになる。

IPoE IPv6

最近、インターネットの接続するための

プロバイダのプランでIPoE方式を利用する人が、

従来のPPPoE方式に代わって増えてきていると思う。

PPPoE方式は、NTT設備内の網終端装置の混雑により、

通信が著しく遅くなることがある。

IPoE方式は、そこを通らずインターネットへたどり着けるので、

遅くならないというのが理屈だ。

IPoE IPv6の話は、似たような言葉が多く、ややこしいので、

これから何回かにわけてIPoE IPv6について記事にしていこうと思う。

IPoE IPv6プランについての弱点などについても記事にしていこうと思う。

これは便利!テレワークに使えるNTT東日本-IPA「シン・テレワークシステム」

家にあるパソコンのOSが、Windows10 Homeであるため

リモートデスクトップのリモートコントロールされる側になれない。

なにか解決策ないかなと思っていました。

そんな問題を解決できるフリーソフトがありました。

それが、NTT東日本-IPA「シン・テレワークシステム」

https://business.ntt-east.co.jp/service/thintelework-system/

サーバ機能をインストールしたパソコンに、クライアント機能をインストールしたパソコンから簡単にアクセスし操作できるというもので、双方がネットに接続できていれば利用可能です。

インターネット上の中継サーバを介して通信するようで、
通常遠隔でリモートデスクトップを利用しようと思ったら、
まずは、VPNで接続して、その後リモートデスクトップを利用する
必要があります。

そう考えると相当楽です。

今回のコロナ問題で、在宅勤務を余儀なくされた人たちのために
急遽開発されたもののようで、非常に便利です。

使うための基本的な流れとしては、

① 会社のパソコンにシンテレワークのサーバ機能をインストール

② 接続パスワードを設定し、コンピュータIDをメモしておく。

③ 自宅のパソコンにシンテレワークのクライアント機能をインストール

④ クライアントを起動し②でメモしたコンピュータIDを指定して接続

⑤ 要求されるパスワードに②で設定したものを入力

⑥ 会社のパソコンの画面が表示される

といったものになります。

ちなみにTeam Veiwerというソフトでも同じようなことができますが、
表示される接続先の画面がフルサイズになりません。
見やすさが全然違いますね。

私は、2階の自室から、1階の母のパソコンのヘルプデスク機能として
も利用しています。

接続時に、ワンタイムパスワードも利用可能で、

サーバ側で、ワンタイムパスワード設定で、
ワンタイムパスワードを送信するメールアドレスを設定しておけば、
接続時にそのメールアドレスにワンタイムパスワードが通知されます。

こんな仕組みが割と簡単な設定でできるので、非常に便利です。

ヤマハネットワークエンジニアドリル全問正解!

ヤマハネットワークエンジニア会というサイトがあるが、

そこで、ヤマハルータやネットワークについての

問題が375問出題されている。

確か半年くらい前から、少しずつこなしていったが、

1月末に、とうとう375問全問正解することができた。

順位は1位。

1位と言っても、全問正解者は

自分を含めて15人くらいいるのだが。

問題をやりながら、ヤマハルータに関する新しい

知識も得られたりもするので、隙間時間などに

挑戦してみても良いかもしれない。

フレッツVPNワイドは1回線に複数のアカウントを割り当てることができる

意外と知られていないと思いますし、

私自身も思い込みでできないと思っていましたが

フレッツVPNワイドは、フレッツ光回線 1回線に複数のアカウントを

割り当てることができる。

図で表すと下記のような構成が可能です。

例えば、拠点の引っ越しがある場合、

引っ越し元で使っていたユーザIDを引っ越し先の光回線に

既存ユーザIDと併用するような形で2重でのせることができる。

引っ越し先でも、もともと使っていたユーザIDで接続可能なので、

使用していたルータを設定変更なしに接続して使える。

注意が必要な点として、ユーザIDごとにPPPoE接続をするので、

1回線で2つのユーザで接続すれば、2セッション消費することになる。

フレッツ光回線は、基本契約で2セッションのPPPoE接続が可能だが、

もし、3セッション目として、インターネットとの接続もPPPoEで接続が必要

だとすれば、月額300円のセッションプラスという契約が必要になる。

旅のお供にAmazon Fire TV Stick

16日、17日で、研修を受講するため東京に行ってきた。

SCSKさんが提供しているヤマハ製品のセミナーだ。

無料で受講できるのでとてもありがたい。

セミナー自体は無料だが、交通費と宿泊費はかかってしまう。

ユニゾホテルの株主優待券を活用して、一泊3000円引きで

泊まれた。2泊で6000円安くなったことになるから、

これは大きい!

ホテルに泊まった時、持っていくと便利なのが

Amazon Fire TV Stickだ。

ホテルに設置されているテレビにHDMIの入力端子があれば、

そこに差し込んで、ホテルが提供している無料Wi-Fiに接続すれば、

YoutubeやAmazonプライムなどの動画が視聴可能だ。

よくホテルのテレビで映画を見るためにプリペイドカードが

売られていたりするが、Fire TV Stickがあれば、それで映画が見れる。

参考までに、どんなふうに接続したかスマホで動画を撮って

アップロードしてみた。

WordPressのログイン時にログインパスワードの入力ができなくなる。

久しぶりにブログを投稿しようと思い、WordPressにログインを試みると

パスワード欄に入力ができなくなっていて、結果ログインできない

状態に陥っていた。

ネットで同現象を調べてみるとJetPackプラグインが原因らしい。

WordPressをアップデートしたのにJetPackプラグインが古いままだと

このような現象が起こるらしい。

対処方法として、FTPで接続し、JetPackプラグインのフォルダを

リネーム(もしくは削除)してしまえば良いとのこと。

FTPで接続するための情報は、さくらインターネットの場合は

[さくらのレンタルサーバ] 仮登録完了のお知らせ

というメールの本文に記載されている。

メーラで「仮登録完了」などのキーワードで検索してみると

見つかる。

FTPでログインし、jetpackフォルダを_jetpackにリネーム

これで、Wordpressのログイン画面を再読み込みすると

パスワードの入力が可能になります。

それにしてもWebの検索ってありがたいね。

こんなの原因なんて突き止められないよ。

WordPressにログイン後は、Pluginのところで、

JetPack をアップデートしてあげれば、完全解決です!

日経225オプション投資を極める

2020年は、日経225オプション投資で稼げるようになろうと

考えている。

日経225オプション投資というのは、

日経平均を決められた日に、〇〇円で買う権利、

〇〇円で売る権利を売買する投資のことを言う。

売る権利を買うなんて言うと相当ややこしいのだけど、

例えば25000円の価値のあるものを20000円で買えれば、

5000円得をすることができる。

ある期日になったときに、自分が持っているオプションの権利が

上記のように有利なものであれば儲けることができる。

もしくは、オプション価格も変動するので、期日を待たずに、

自分が買った時よりも、オプション価格が上がっていれば

そこで決済して利益を上げることもできる。

無論思惑通り日経平均が動いてくれなくて損するケースもある。

いままでも、オプション取引も少しやっていたのだけど、

株価が急落した時の掛け捨て保険みたいな使い方をしていたので、

オプション取引で積極的に儲けるという感じではなかった。

Youtubeで投資系動画を配信している暁投資顧問の方が、

日経225オプション取引の本を最近出版されたので、

それでじっくり勉強して、利益を上げれるようにしたいと思う。

年末年始を有意義に過ごす。

さて、今回の年末年始は9連休になった。

やろうと思っていて、そのまま放置していたことなどを

まとめてやることにしようと思っている。

とりあえず、サポート終了目前となっている

Windows 7のパソコンが2台あるので、それを対処することにした。

1台は、Linuxにし、1台は、Windows 10にした。

現在でも、実はWindows 10へ無償バージョンアップだった。

バージョンアップの手順を紹介してくれている親切なブログの

記事を書いている人がいるので、そちらを参考にした。

Windows 7 Windows 10 アップグレード

などとキーワード検索すれば、そのような記事にたどり着けるだろ。

ちなみに私が参考にさせていただいたサイトは下記だ。

非常にわかりやすい。

Linuxには、Windows 7からLinuxへ引っ越すことを

特集した雑誌を買ってきて、そこに付録でついていた

DVDで起動し、Linuxをインストールした。

噂通り、Linuxは、古いマシンでも割と軽快に動く。

2020年はLinuxの勉強をしようと思う。

ちなみに参考にした雑誌は、日経Linux 2020年1月号だ。

マイクロソフトOffice無料で使えるんかい?!

恥ずかしながら、最近知ったのだけど、

マイクロソフトのOfficeが、Office Onlineであれば

無料で使える。

Office Onlineというのは、Word やExcelをブラウザーで

使えるサービスだ。ユーザ登録すれば以下から使用可能だ。

https://www.office.com/

これ、いいじゃん!と思って、少し使ってみたが、

パソコン上にインストールして使うOfficeと比べて

使い勝手が悪い。

例えば、Excelの一部をコピーして、他のソフト、例えばペイントなどに

貼り付けようとするとできない。

Excelのセル内に書いた文字の一部を赤字にしたいなどができない。

もしかしたら、やる方法があるのかもしれないけど、

少なくともパッケージのExcelでは、簡単にできたことが

同じ方法でできない。

そんなわけで、微妙なのだけど、

まあ、無料だし、役に立つこともあるだろう。

Office Onlineでは、定番のOfficeソフト以外にもいろいろ

使えるようなので、他のアプリも試してみようと思う。