ヤマハルーター VLAN間のフィルタ設定

この動画では、ヤマハルーターでの VLAN間のフィルタ設定について見てもらおうと思います。

先日アップした動画で、タグVLANの設定例を見てもらいましたが、 このような構成例でVLAN間(VLAN10とVLAN20)はお互いに通信は出来ない設定を見てもらったわけですが、今回の動画では、 VLAN10からVLAN20への通信は可能とし、 VLAN20からVLAN10への通信は不可とする設定を動的フィルタ設定を 利用することで実現します。

ヤマハネットワーク ポートベースVLAN マルチプルVLAN タグVLAN

ヤマハネットワーク製品は、VLAN機能を持ったものがありますが、 VLANにもいくつか種類があります。

ポートベースVLAN マルチプルVLAN タグVLAN などです。

それぞれ、どのようなVLANなのかどのような違いがあるのかを この動画では説明しようと思います。

ポートベースVLAN設定例

lan type lan1 port-based-option=divide-network

vlan port mapping lan1.1 vlan1
vlan port mapping lan1.2 vlan1
vlan port mapping lan1.3 vlan2
vlan port mapping lan1.4 vlan2

ip vlan1 address 192.168.20.1/24
ip vlan2 address 192.168.40.1/24

ヤマハ タグVLANを使ったゲスト用Wi-Fi環境構築方法

ヤマハルーター,ヤマハスイッチおよび ヤマハ無線アクセスポイントを利用して、ゲスト用の無線ネットワーク 環境を構築する手順をご紹介します。

タグVLAN機能、プライバシーセパレータ―機能、 無線LANアクセスポイントのRADIUS機能なども利用しますので、 いろいろ参考になる部分が多い動画になるかと思います。

ヤマハルーター,スイッチ マルチプルVLAN設定(GUI)

ヤマハネットワーク機器(ルーター、スイッチ)によるマルチプルVLAN設定を GUIで実施する方法をご案内します。

マルチプルVLANとは、 ポートをグループに分けて、グループ間の通信を禁止する機能です。このとき、サーバーやルーターなど全グループと通信を行う必要がある端末が接続されるポートについては、すべてのグループに所属させることで通信を可能にします。マルチプルVLAN機能では、グループが異なっても同じネットワークアドレスを割り当てます。

マルチプルVLANの初期化方法はコチラ

ヤマハルーター ポートベースVLANとフィルタ設定。実践編

ヤマハルーター ポートベースVLAN機能と フィルタ設定の組み合わせての設定例をご紹介します。
ヤマハルーターは、RTX830を使用します。
ポートベースVLANとフィルター設定を組み合わせて 通信できるネットワークセグメントと 通信できないネットワークセグメントの制御を行っていきます。