PPPoE(IPv6)について

前回の記事で、プロバイダのIPoE(IPv6)のインターネット接続サービスを

利用するためには、IPv6オプションが必要だと書いたが、

IPv6のインターネットを利用するためのもう一つの

接続方式がPPPoE(IPv6)である。

ちなみに、PPPoE(IPv6)接続のためにIPv6オプションは必要ない。

PPPoE(IPv6)、IPoE(IPv6の二つの方式があることは、
NTT東日本のサイトにも紹介されている。

PPPoE(IPv6)のインターネット接続は、一般的なインターネット接続

PPPoE(IPv4)と同じ設定をすればよい。

プロバイダから提供されるPPPoE(IPv6)用のIDとパスワードをルータに

設定して、PPPoE接続設定を行う。

このとき、プロバイダが、PPPoE(IPv6)の接続サービスを提供していること

そして、ルータ側が、PPPoE(IPv6)の接続設定機能を持っていることが
必要となる。

NTTが提供しているひかり電話ルータは、ファームウェアがよっぽど古くなければPPPoE(IPv6)に対応している。

しかも、プロバイダ側が、PPPoE(IPv6)に対応していると、

PPPoE(IPv4)接続設定を元に、PPPoE(IPv6)の接続設定を自動的に

してしまったりする。

気が利くと考えるか、余計なことしてくれるのか、人によって違うと思うが、

この自動接続設定がトラブルを招く場合がある。

どんなトラブルかは、次回の記事で紹介したいと思う。

それでは、また!

 

 

IPv6オプション その2

さて、以前の記事で、NTTのIPv6オプションについて書いたが、

今回も、IPv6オプションについて、もう少し書きたいと思う。

IPv6オプションの契約があると、契約者間で、

IPv6を使った通信が可能となり、ルータの設定により

拠点間通信が可能とすることができたりするのだが、

拠点間通信をしない場合でも、

インターネットプロバイダーの IPoE (IPv6)でのインターネット接続サービスを利用するときには、このIPv6オプションが必要となる。

ここ数年、フレッツ光を開通したのであれば、デフォルトで、

IPv6オプションは契約されているが、Bフレッツ時代から光回線を

使っているなどの方の中には、フレッツ光を契約しているが、

IPv6オプションが付加されていないケースはあるかと思う。

ちなみに、IPv6オプションの契約、廃止は、

サービス情報サイトというところから、契約者自身がオンラインで

行うことが可能です。

サービス情報サイトは、過去にはフレッツスクエアなどと呼ばれていたらしい。

自分で、サービス情報サイトにログインして、契約、廃止すれば、

工事料金はかからない。

NTTに電話などで、依頼すると工事料金として2000円かかる。

サービス情報サイトへのログイン方法については、

以下のサイトから確認できる。

https://flets.com/square/con_index.html

それでは、また!

 

 

IPv6オプション

 

NTTのフレッツ光に加入すると、IPv6オプションという契約がデフォルトでついてくる。

IPv6オプションの契約により追加で料金がかかるわけではないが、

これって、なんの役に立つのだろうか?

NTTのサイトでは、
https://flets.com/v6option/

提供機能として、
IPv6アドレスによる端末間のダイレクト通信機能

と、説明されている。

もう少し具体的に言うと、IPv6オプション契約者同士で、

IPv6で通信ができるようになるということだ。

例えば、契約者Aが設置しているルータAと

契約者Bが設置しているルータBが、IPv6を使って

お互いに通信可能ということとなる。

ルータAとルータB間で、VPN設定(IPSec等)を
すれば拠点間通信が可能となる。

通常VPNで拠点間通信するのに、インターネットに接続した
ルータ間でVPN設定をするためプロバイダと契約が必要なのだが
IPv6オプションを利用すれば、プロバイダ契約が必要ないのだ。

しかも、IPv6オプションでのルータ間の通信には、
インターネット接続のためのPPPoE接続が介在しないので、
昨日のブログで書いたような
PPPoE接続に関係するボトルネックも避けられる。

この辺の具体的なヤマハルータでの設定なども、今後
このブログで紹介していく予定だ

それでは、また!

IPv6の活用法

さて、ブログ開始から2日目。

継続は力なりで、毎日続けて書いていこうと思う。

さて、今回は、IPv6について書いて見ようと思う。

IPv6は、このサイトのメインの題材の一つにしたいと思っているカテゴリだ。

IPv4が枯渇するから、IPv6に変わっていくよ。と言われてから、相当時間が経過

していると思うが、まだまだ、一般的にはなじみがないのかなと思う。

その最大の理由は、なにに使ったら良いかわからん。ということだと思う。

世の中のほとんどのサイトはIPv4で見れるようになっているから、

IPv6にする必要性を感じない。

サイト側は、IPv6の通信環境が整ってないから、IPv6に対応させても仕方

がない。という

鶏が先か卵が先かみたいな話で、なかなかIPv6の利用が進まなかったのだと

思う。

しかし、ここ最近、

「IPv6を使うとインターネットが高速に参照できるようになるらしい。」

という話が、だいぶ広まってきて、IPv6の利用が加速的に増えるのではないか

と思う。

私自身も、昨年 IPoE(IPv6 )でインターネットを利用できる

IIJのFiberAccess/NF

https://www.iijmio.jp/guide/outline/nbd/

を契約し使い始めている。

動画サイトの参照などが非常にスムーズになった。

IPoE(IPv6 )でのインターネットへのアクセスが可能になったことにより、

YoutubeなどのIPv6に対応したサイト、そしてIPv4のサイトへの通信も非常に

速くなった。IPv4のサイトの参照までなぜ速くなるかというと、

一般的にインターネット利用というのは、ルータにPPPoE(IPv4)接続設定を行う

ことにより、実現している。

このPPPoE接続が混雑していることにより、PPPoE接続装置に

負荷がかかり過ぎ、ボトルネックとなることが、

スピードがあまり出ない大きな要因らしい。

その辺の詳しい解説は以下が詳しい。
http://techlog.iij.ad.jp/archives/1879

IIJのFiberAccess/NFで、DS-Liteという方法で、

ルータからプロバイダへIPv6でつなぎ

プロバイダからIPv4のサイトへ通信をするという仕組みになることで、

PPPoE接続で生じるボトルネックを回避することができるのだ。

ちなみに、私の家では、ヤマハのNVR500を使用して、

DS-Liteの設定をしている。

今度、参考にコンフィグを掲載しようと思う。

それでは、また!