2019年全日本剣道選手権は大阪で開催

毎年11月3日に、東京九段下の日本武道館で開催される全日本剣道選手権だが、

今年は、大阪の 丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館) で

開催される。

毎年、会場まで見に行っているが、今年も見に行こうと思う。

いつも新潟から、新幹線で東京に出ているが、大阪なので

飛行機を予約した。早めに予約すると、東京までの新幹線と比べても

そこまで高くはない。

しかも、サムティ(3244)という会社の株主優待で、大阪のセンターホテルの

無料宿泊券を持っているので、宿泊代込みで考えたら、東京の場合と

ほとんど変わらないと思う。

サムティの株主優待は、前回までは、株数300保有で

東京と大阪、それぞれ1枚ずつの無料宿泊券がもらえた。

無料宿泊券があるからと言って、用事もないのに大阪に行けないので

優待券捨てるしかないと思っていたが、使えてラッキ-!

ちなみに、次回のサムティの優待は、東京、大阪で使える共通券に

なるようだ。配当利回りも現在4%程度あり、なかなかの

高配当銘柄となっている。

明日は、新潟の全日本剣道選手権予選会だ。

せっかくなので見学に行こうと思う。

祝 世界剣道大会 日本優勝

つい最近、世界剣道大会が韓国で開催された。

日本は順当に勝ち進み、決勝は宿敵韓国。

大接戦になったものの2-1で韓国に競り勝った。

完全アウェイでの勝利はさすがとしか言いようがない。

韓国は、パワーとスピードがあり、日本人が打たないような

ところから技を繰り出してくる。

YouTubeで、試合の結果を知らずに見たので、

とてもハラハラした。

個人戦でも、団体戦の大将をつとめた安藤選手が見事に優勝。

11月3日には、日本武道館で全日本選手権があるが、

すでにチケットを入手済み。

世界選手権で活躍した選手も出場していると思うので、

じっくり観戦したいと思う。

剣道の審判

本日は、少年少女剣道大会の審判をやってきた。

剣道の審判をやる日は、一年で最も気が重い日だ。

なぜなら、責任が重く、とても難しいからだ。

私が受け持ったコートは、小学生高学年。

小学生といえども、稽古を積んだ強豪道場の子供の

動きはとても速い。

剣道は瞬間的に技を繰り出し、かつ

お互いに同時に打ち込むこともあるので、

判定はとても難易度が高く、剣道の相当な経験者にしかできない。

父兄の人達も、相当熱くなって応援しているので、

不信を感じるような判定をすると、たたかれる。

団体戦は、5人制なのだが、制限時間以内に決着がつかないと

引き分けがあるので、5人の試合が終わった時点で、

勝者数が同じ場合がある。そんな時は、代表戦となり、

チームの一人が選出されて1本勝負で勝敗を決することとなる。

そうなると、試合の白熱度はマックスとなる。

はたから見ている分には、面白いが、審判をやる立場からすると

とんでもないプレッシャーになるのだ。

数千円程度の謝礼はもらえるのだが、無論その数千円が欲しいわけではない。

できれば、数千円払ってでもやりたくない仕事だ。

では、なぜ引き受けているか。それは、私は子供のころから剣道を

やっているが、その時誰かが、審判をやってくれていたから、

試合ができた。そして、今現在も試合に出ることがあるが、

その時も、審判をやってくれている人がいる。

自分の順番が回って来たときに、恩を忘れ、

やりたくないからと言って、

逃げるのは卑怯者の恥知らずがやることだ。と思っている。

だから、なにか大きな失敗をするのではなかろうかという

不安を抱えながらも最善の審判ができるよう取り組んでいる。

幸い今日は大きなトラブルもなく審判を終えることができた。

来週も審判をする予定がある。

来週も良い審判ができるよう努めたいと思う。