サバイバルウェディングの最終回に感動

昨日は、ドラマ サバイバルウェディングの最終回だったのだが、

とても感動的なシーンがあった。

ドラマはハッピーエンドで終わるのだけど、

私が感動したのは、最後の最後ではなく、

伊勢谷氏演じる宇佐美編集長が、

パーティー場にて、波留演じるさやかに、

人生についてのメッセージを伝えるシーンだ。

以下、その感動的なメッセージをご紹介したい。

「黒木!よく聞け!

おまえは、今この瞬間から、どんな選択をしてもいいんだ!

おまえが、どんな家で生まれたかだとか、

おまえが、どんな人生を送ってきたかだとか、

男だとか、女だとか、いくつかだとか、

そんなことは関係ない!

自分がこれから、どうあるべきか?

自分によく聞いて、自分で決めろ!

そうすれば、どんな困難にぶつかったって

乗り越えられる!

大切なのはどんな選択をするかじゃない!

自分が選択した人生を強く生きるかどうか、

ただそれだけだ!」

心が震えました。

ここから、9月29日まで、無料で最終回が見れる模様!

家入レオ – 「もし君を許せたら」(ドラマ絶対零度主題歌)がかっこいい!

ドラマ絶対零度に、乃木坂46の白石まいやんが出演するということで、

はじめて、絶対零度を録画してみてみた。

ドラマ自体は、正直、脚本も演出もいまいちな気がした。

少し、舞台ぽい感じを受けた。強引に出てきた登場人物が、

ぺらぺらと、事件に関係することを説明しだしたり、

特にひどいな~と感じたのは、ドラマのクライマックスで、

まいやん演じる復讐をしようとしている女性が持っている

拳銃の弾が、刑事によって抜き去られていたというくだりだ。

普通、そんなことしないで、拳銃見つけた時点で、逮捕だろ。。。

そんなわけで、ドラマは残念なものだったが、ラストシーンで、

流れた曲が、とても良かった。

調べてみると、家入レオの「もし君を許せたら」という曲だった。

そして、奇跡的に、以前に録画したミュージックステーションに

家入レオが「もし君を許せたら」を歌ったものがあった。ラッキー!

ドラマ サバイバルウェディングが面白い!

波留主演 ドラマ サバイバルウェディングが非常に面白い!

主人公 さやかが、婚活をするストーリーなのだが、

編集長 宇佐美(伊勢谷友介)とのやり取りが非常に面白い。

そして、面白いだけでなく、婚活の成功のために、ビジネスからの

教訓を引き合いにだして、宇佐美が説明するシーンが多いのだが、

非常に勉強になる。土曜日の夜に日本テレビでやっているけど、

次が、第六話。見逃してしまった人は、

Huluなら、放映されたものがすべて見られますよ。