カテゴリー: トラブル事例

ひかり電話ルーターのIPアドレスがわからなくなった場合の解決方法。

お客様先等でひかり電話ルーターの設定画面を開きたいのに、

ひかり電話ルーターのIPアドレス(IPv4)がわからないケースがあったりします。

ひかり電話ルーターのDHCPサーバー機能が止められていて、

デフォルトのIPアドレス(192.168.1.1)からも変更されている。

そして、よくありがちですが、誰がいつ設定したか誰も知らない。

前の担当者が辞めてしまったなどで、どうにもひかり電話ルーターの

IPアドレスが見当がつかなくなってしまうことがあります。

そんな時、どうしたら良いでしょうか?

単純な方法として、初期化してしまうというのがありますが、
既存設定が消えてしまい、それはそれで面倒な話になります。

パソコン側のIPアドレスを変更して、かたっぱしから
pingで応答がないか試してみるというのも何時間かかるかわかりません。

そんな時、スマートに解決する方法があります。

これはおそらく、ネットワークエンジニアでも10人中9人はわからないのでは

ないかと思います。その解決方法についての動画を作りました。

答えを知りたい人は、動画を見てご確認ください。

トラブル事例 ヤマハルーター L2TP/IPSec リモートアクセスVPN接続が失敗する

今回は、トラブル事例の紹介をします。

NVR500でL2TP/IPSecでリモートアクセスVPNの設定を行い

外部からインターネット経由でリモートアクセスをしても失敗してしまうという

現象です。端末はWindows10を使用していて、エラーメッセージは下記のように出力されます。

「セキュリティ層でリモートコンピューターと互換性のあるパラメーターをネゴシエートできなったため、L2TP接続に失敗しました。」

原因は、NVR500のVPN接続設定での認証アルゴリズム、暗号アルゴリズム

でした。デフォルト値のまま設定していたのですが、その変更をすることで解決出来ました。

初期値は

ですが、以下のように変更すると、無事接続が成功しました。

このトラブル事例についての動画も作成していますので、そちらも
ご案内します。