ヤマハルーター冗長化機能VRRP動作検証①

この動画では、ヤマハルーター 冗長化機能である

VRRPの動作検証をご紹介します

検証構成は、RTX830 RTX810を使い、

それぞれPPPoEでインターネットに接続します。

IPアドレスは、830192.168.1.1 810192.168.1.210

とします。RTX830とRTX810のVRRP機能を有効にします。

VRRPは、同じLANセグメントに存在する複数のVRRPルーターから

1台の仮想ルーターを自動的に構成するプロトコルです。

すべてVRRPルーターは、同一の仮想IPアドレスを共有するので、

仮想IPアドレスをデフォルトゲートウェイとして使用する場合、

デフォルトゲートウェイの冗長化を実現します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です