刑事ドラマでありがちな電話アリバイの嘘

刑事ドラマなどでありがちな電話を使ったアリバイがあります。

それは、例えば午後9時に事件が起こって、 その事件についての容疑者のアリバイが、8時30分ごろに 自宅に知人から電話があって会話をした。
自宅から犯行現場まで、2時間ほど移動時間がかかるので、犯行を実行できない。 というものです。

これは、今、第2弾をやっているあの有名な映画でも使われていたアリバイです。 しかし、この電話に関するアリバイは、あまりに証拠として弱すぎます。

シンプルに安い速い光!月額3,430円(税込3,773円)~!【GMO光アクセス】

投稿者: noblehero0521

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です