IPoE導入時、ビジネスフォン下部のルータ設置は要注意

7月 19, 2020 IPoE, IPv6

先日、いわゆる直収タイプのビジネスフォン主装置の下部に、

IPoE対応ルータを設置したところIPv4の通信がうまくいかないという

ことが起こった。

直収とは、光回線のONUから、直接LAN配線して

ビジネスフォンに接続することを言う。

下図のような接続になる。

ビジネスフォンは、具体的には、NTTのαNX Type Mで、

ルータユニットとしては、NXSM-4BRU<1>というものになる。

4BRU下部には、IPv6アドレスは配布され、IPv6のWebサイトへは

アクセスでき、

ビジネスフォンの下部に設置したIPv4 over IPv6対応ルータでは、

ルータの設定画面上は、IPv4 over IPv6がうまく設定できたように

表示される。しかしながら、ルータからも、ルータの下部に接続した

パソコンからも、IPv4のインターネットへの通信はできない。

つまりビジネスフォンのルータユニットは、

IPoE IPv6の通信はできるが、IPv4 over IPv6の通信はうまく処理してない。

ということになる。

IPv6の通信を使って実現するIPv4 over IPv6は、IPv6の通信ができれば、

当然使えると思い込んでいたのだけど、一概にそうとは言い切れない

ようだ。

ちなみに、ルータユニットがNXSM-4BRU<1>ではなく

NXSM-4BRU<2>であれば、IPv4 over IPv6の通信はうまくいく。

このビジネスフォンに限らず、直収タイプのビジネスフォンの下部に

IPoEルータを設置する場合は、注意した方が良いだろう。

特に古いタイプのビジネスフォンは、特に要注意だと思う。

投稿者: noblehero0521

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です