剣道の審判

本日は、少年少女剣道大会の審判をやってきた。

剣道の審判をやる日は、一年で最も気が重い日だ。

なぜなら、責任が重く、とても難しいからだ。

私が受け持ったコートは、小学生高学年。

小学生といえども、稽古を積んだ強豪道場の子供の

動きはとても速い。

剣道は瞬間的に技を繰り出し、かつ

お互いに同時に打ち込むこともあるので、

判定はとても難易度が高く、剣道の相当な経験者にしかできない。

父兄の人達も、相当熱くなって応援しているので、

不信を感じるような判定をすると、たたかれる。

団体戦は、5人制なのだが、制限時間以内に決着がつかないと

引き分けがあるので、5人の試合が終わった時点で、

勝者数が同じ場合がある。そんな時は、代表戦となり、

チームの一人が選出されて1本勝負で勝敗を決することとなる。

そうなると、試合の白熱度はマックスとなる。

はたから見ている分には、面白いが、審判をやる立場からすると

とんでもないプレッシャーになるのだ。

数千円程度の謝礼はもらえるのだが、無論その数千円が欲しいわけではない。

できれば、数千円払ってでもやりたくない仕事だ。

では、なぜ引き受けているか。それは、私は子供のころから剣道を

やっているが、その時誰かが、審判をやってくれていたから、

試合ができた。そして、今現在も試合に出ることがあるが、

その時も、審判をやってくれている人がいる。

自分の順番が回って来たときに、恩を忘れ、

やりたくないからと言って、

逃げるのは卑怯者の恥知らずがやることだ。と思っている。

だから、なにか大きな失敗をするのではなかろうかという

不安を抱えながらも最善の審判ができるよう取り組んでいる。

幸い今日は大きなトラブルもなく審判を終えることができた。

来週も審判をする予定がある。

来週も良い審判ができるよう努めたいと思う。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です